増やす
2020/08/14

つみたてNISAについて丸分かり!基礎知識からおすすめの金融機関まで紹介

つみたてNISAは、少額から長期・積立・分散投資を始められるように作られた非課税制度です。まだ始めていなくても、名前を耳にしたことがあるという人は多いでしょう。つみたてNISAは投資した金額が所得から控除されるなどのメリットがあります。同じく投資した金額が非課税となるNISAやiDeCoとの違いを含め、そのメリットやデメリットを初心者向けにわかりやすくご紹介します。

つみたてNISAの基礎知識

NISAはいくらからはじめられる?いまさら聞けないNISAの基礎知識

つみたてNISAよりも先に開始されたNISA。非課税となる掛け金の上限や課税されない期間などがつみたてNISAと異なりますが、税金面での優遇がある点においては共通しています。またNISAとつみたてNISAは併用することができないことにも注意が必要です。それぞれの特徴を確認し、自分に合った制度を選択しましょう。

詳細はこちら。

誰でもわかるNISA入門。メリットは税金がゼロになること、落とし穴は何?

NISAという名前の由来や、NISAが非課税になる仕組みを紹介します。NISAはつみたてNISAとの共通点が多いため、つみたてNISAを検討している場合は、それぞれの特徴と違いをしっかりと把握しておきましょう。

詳細はこちら。

つみたてNISAは解約できる。解約の方法と3つのデメリット

つみたてNISAは長期投資を前提とした制度ですが、解約は自由に行うことが可能です。とはいえ、解約時には手数料がかかることもあるので注意が必要です。手数料がかかる投資信託の見分け方や解約の方法をご紹介します。

詳細はこちら。

つみたてNISAのメリットとデメリット

主婦がつみたてNISAを始めるメリット・デメリット!iDeCoとの違いも解説

老後の資産を作るなら、つみたてNISAかiDeCoを利用するとよいでしょう。専業主婦や夫の配偶者控除内で働いている人にとってはiDeCoよりつみたてNISAの利用がおすすめです。理由も詳しくご紹介します。

詳細はこちら。

つみたてNISAはどこではじめる?おすすめの金融機関

初心者がつみたてNISAをはじめるならどこ?SBI証券と楽天証券は初心者にもおすすめ

つみたてNISAを利用する口座は一つしか保有できません。そのためどの金融機関を利用するか十分比較し検討することが大切です。初心者におすすめのSBI証券と楽天証券をご紹介します。

詳細はこちら。

つみたてNISAにおすすめの口座ベスト3!比較ポイントとは

商品数や手数料、サポートの手厚さなどを比較し、つみたてNISAにおすすめの金融機関をご紹介します。つみたてNISAを利用することでポイントが貯まる金融機関もあります。自分に合った金融機関を選びましょう。

詳細はこちら。

文・fuelle編集部


【こちらの記事もおすすめ】
つみたてNISAにおすすめの口座ベスト3
FP直伝!つみたてNISAの選び方3つのポイント
つみたてNISAの商品はどう選ぶ?FP厳選おすすめ商品3つ
つみたてNISAで投資初心者におすすめの証券会社はどこ?5社
NISAとiDeCoはどちらがお得?特徴や違いをFPが解説
ネット証券おすすめ一覧
PREV なぜ「金」は20年で6倍に値上がりした?これから先の可能性は?
NEXT 少額から投資信託を始めたい!始め方やNISAの活用するメリットを解説

続きを読む






Feature