増やす
2020/08/05

安心で手数料が掛からないプロの資産運用アドバイスの受け方とは?

資産運用を始める理想的なタイミングとは?

「給料日に預金通帳を見たら少し余裕資金があることに気が付いた」
「年金制度改革が進む中で、老後資金をどうやって確保していこうか」
「子どもの教育資金、そろそろ考え始めないと」

このページをご覧になる方は、なんらか「資産運用」に関心のある方だと思います。
では資産運用を始める理想的なタイミングはいつでしょうか。

答えは資産運用が気になった「今」です。
運用を始めるタイミングは、早ければ早いほど資産をより多く増やすことができます。気になった「今すぐ」こそ資産運用を始める理想的なタイミングです。

資産運用、相談するなら大手証券?ネット証券?

それでは、資産運用を始めるに当たって誰に相談したら良いでしょうか。

運用して増やすことのできる資産には様々なモノがあります。金や美術品をはじめとした「実物資産」もありますが、多くの人が取り組みやすいのが株式をはじめとした「金融資産」です。

金融資産を取り扱っている場所といえばどこですか?

そうです、銀行や証券会社などの金融機関ですね。
資産運用を始めようとすると大半の方は口座を持っている銀行に相談をしたり、新たに証券会社を探すのではないでしょうか。

証券会社を探そうとすると次にテーマになるのが「大手証券会社」にするか「ネット証券会社」にするかでしょう。


「歴史や実績もあって安心な大手証券の方がよい」という意見もありますし、「ネットなら手数料も安そうだし、支店に行かずに動画でいろんなことも教えてくれそうだ」といった意見もあります。

本当に必要なアドバイスとは?

資産運用にはリスクがあります。株式や為替をはじめとした市場は、私たちが思った通りには動くことがありません。

資産運用している過程で利益が出るときもあるし、損失が出るときもあるのです。資産運用とは「思い通りにはいかない」という前提を理解して始める必要があります。

初心者である私たちが、この「思い通りにならない資産運用」を始めるに当たって、本当に必要なこととは何でしょうか?

それは、運用する私たちの立場で考えてくれる「専門的なアドバイス」ではないでしょうか。そのためにも独立した立場で市場のことを客観的に捉え、投資する私たちに寄り添って考えてくれる専門家が必要です。

もう一つの選択肢、IFA

資産運用を始めるに当たって、金融機関以外で相談に乗ってくれる独立した専門家がいます。それがIFAです。

IFAとは「Independent financial adviser 独立系ファイナンシャルアドバイザー」の略
です。証券会社からの業務委託契約結んで、私たちの金融資産取引を支援する立場です。特定の証券会社だけでなく、複数の証券会社と業務委託契約結ぶこともあり、金融機関の方針に縛られず中立・独立した立場で資産運用アドバイスをしてくれるのです。

独立したIFAの位置づけとは?

IFAの位置づけについて、IFA,お客様,証券会社という 3つの関係性でご紹介します。

IFAからお客様に対して、投資アドバイスや金融商品のご提案をします。この提案を基に、お客様からIFAに対して金融商品の発注指示をしていただきます。


すると、IFAが証券会社に対してお客様の申込内容を取次ぎ、発注を行います。証券会社からIFAに対して注文執行、保有資産の保全・管理・報告書作成などが行われます。


お客様から証券会社に対して現金・株券の預け入れが行われ、証券会社はお客様の資産管理を行います。

IFAに預けて大丈夫?

多くの人が初めて耳にしたかもしれないIFA。パッと聞いたときに不安を覚えるかもしれません。

もし資産運用アドバイスを依頼していたIFA会社が倒産した場合を考えてみます。先ほどの「IFAの位置づけ」でご紹介した通り、顧客資産の管理は証券会社がしているため、IFA会社が倒産してもお客様の資産に影響はありません。安心です。

今度は証券会社が破たんした場合を考えてみましょう。投資家から預かっている有価証券や金銭は自社資産と区別して管理する「顧客資産の分別管理」のルールがあり、破たんした場合でも預けている資産に影響はなくお客様に返還されます。もし資産の円滑な返還が困難となった場合には、日本投資者保護基金から1顧客当たり1,000万円を限度とし補償されるしくみもあります。

「思い通りにならない資産運用」ではありますが、IFAによる資産運用アドバイス自体は「安心」と言えます。

IFAによるアドバイスは手数料なし

IFAは証券会社の業務委託契約を受けています。お客様がIFAによるアドバイスを受けて取引を行った場合、通常の証券会社との取引で発生するのと同等の手数料しか発生せず、IFAに対する新たな手数料負担はありません。

つまりIFAによる資産運用アドバイス自体は「手数料なし」と言えます。

まとめ

これまでの内容を振り返るとポイントは次の3つです。

①資産運用を始めるタイミングは、気になった「今すぐ」が理想的
②資産運用を相談する相手には様々あるが、IFAが一つの選択肢になる
③IFAによる資産運用アドバイスは安心で手数料がかからない

「思い通りにならない資産運用」を始めるに当たって、「安心で手数料が掛からない」IFAに相談してみてはいかがでしょうか。

提供・オカネコ(お金の専門家にチャットですぐ相談できるWebマガジン)


【こちらの記事もおすすめ】
平均貯金額を【年代・世帯別】に紹介!子育てや老後に必要な貯金額と賢く貯めるコツも解説
家計簿をつけているのに、お金がたまらないのは、なぜ?
FPに相談するとはどういうことなのか?
40歳の平均貯金額は?教育費や老後にかかる費用と貯めるコツ5選
国立大学の学費はいくら?生活費や留学費用など大学生活でかかる各費用を解説
PREV お手軽投資 20代で始める「投信つみたて」
NEXT 少額の資産運用で「つみたてNISA」をおすすめする7つの理由 元証券マンが解説

続きを読む






Feature