増やす
2020/08/04

お釣り投資3社を徹底比較 他の少額投資サービスも合わせてチェック

(写真=UTS /stock.adobe.com)
(写真=UTS /stock.adobe.com)

忙しい方や投資初心者でも気軽に始められるのが「お釣り投資」です。金融とIT技術が組み合わされた「フィンテック」の1つで、比較的新しい投資スタイルです。

お釣り投資とはどんなサービスでしょうか。なぜ忙しい方や投資初心者でも気軽に始められるのでしょうか。お釣り投資の仕組みを、具体的なお釣り投資3社も紹介しながら解説します。また、他の少額投資サービスも併せて紹介します。

お釣り投資とは

(写真=Maren Winter /stock.adobe.com)

 

まずはお釣り投資の概要をご紹介します。

お買い物のお釣りを投資に回すサービス

お釣り投資は、毎日のお買い物から出てくるお釣りを、自動的に投資に回すサービスです。

お釣り投資ではクレジットカードや家計簿アプリを連携させ、お買い物情報を取得します。そこからお釣りを計算し、自動的に積み立てていきます。

(画像=著者作成)

投資に回すお釣りは自分で設定できる

お釣り投資で積み立てていくお釣りはどうやって計算されるのでしょうか。

お釣り投資で積み立てられるお釣りは、「基準額」に応じて計算され積み立てられます。基準額はこちらで選択することができ、100円、500円、1,000円などの金額を設定します。

お釣り投資では、設定した基準額を1つの通貨として扱い、その通貨だけで支払った場合のお釣りを積み立てていきます。少しややこしいですね。下の図を参考にしてみてください。

(画像=著者作成)

お釣りは投資信託かロボットアドバイザーで自動運用

積み立てたお釣りは自動的に運用されます。運用方法は「投資信託」と「ロボットアドバイザー」の2つがあります。

お釣り投資のメリット・デメリット

(写真=tamayura39 /stock.adobe.com)

 

お釣り投資のメリット、デメリットをまとめます。

お釣り投資のメリット

おつり投資のメリットはどんなものがあるでしょうか。

・少額から投資ができる
お釣り投資は毎日のお買い物から少しずつお釣りを貯めて運用に回す仕組みですから、少ない金額から始めることができます。

運用が実際に始まるにはお釣りが一定以上貯まらないといけませんが、5円のお釣りから運用開始してくれるサービスもあります。

・放置でOK 手間がかからない
お釣り投資は家計簿アプリなどと連携させることで、入金から運用まで自動で完結します。手間がかかりませんから、「忙しく投資に時間をかけられない」方でも気軽に始めることができますよ。

・ポイントがもらえる仕組みも
お釣り投資の中には、ポイントがもらえるサービスを提供しているものもあります。ただ運用するよりお得に始められますね。

お釣り投資のデメリット

お釣り投資のデメリットにはどんなものがあるでしょうか。

・リスクがある
投資全般にいえますが、元本保証ではありません。絶対に利益が出るわけではないので注意しましょう。

・コストが割高の場合がある
お釣り投資はほかの投資と比べるとコストが割高の場合があります。詳細は後述しますが、コストがかかる点には注意しましょう。

お釣り投資サービスの一覧

(写真=Romolo Tavani /stock.adobe.com)

 

トラノコ 家計簿アプリと連携するお釣り投資
リスクの違う「大トラ」「中トラ」「小トラ」の3つの
投資信託から選び、お釣りを運用
運用に使えるトラノコポイントももらえる
マメタス 家計簿アプリと連携するお釣り投資
ロボットアドバイザー大手
「Wealth navi(ウェルスナビ)」のサービス
貯まったお釣りはロボットアドバイザーで自動運用
THEO+docomo
(テオプラス ドコモ)
dカードと連携するお釣り投資
ロボットアドバイザー大手「THEO(テオ)」と
ドコモの提携サービス
ロボットアドバイザーで運用しながら
dポイントももらえる

 

お釣り投資を提供しているのは、主に上記の3社です。「トラノコ」はお釣りを投資信託で運用しますが、「マメタス」と「THEO+docomo」はロボットアドバイザーで運用します。

番外編として、お釣り貯金サービスの「finbee(フィンビー)」もご紹介します。積み立てまでの仕組みはお釣り投資と同じですが、こちらは運用せず、銀行預金に積立貯金していくサービスです。

お釣り投資サービスの比較

(写真=beeboys /stock.adobe.com)

手数料の比較(税込)

トラノコの手数料 月額利用料:300円
+運用報酬:年0.33%
マメタスの手数料 運用報酬:年1.1%
※運用額が3,000万円を超える部分は0.55%
THEO+docomoの手数料 (運用額:運用報酬)
1万円未満:年1.1%
50万円未満:0.99%
100万円未満:0.88%
1,000万円未満:0.77%
1,000万円以上:0.715%

 

「トラノコ」は運用報酬に加えて固定の利用料300円もかかります。

運用開始する最低額の比較

トラノコの運用開始額 5円
マメタスの運用開始額 1万円
THEO+docomoの運用開始額 1万円

 

「トラノコ」はお釣りが5円以上になると運用が開始されますが、「マメタス」「THEO+docomo」は1万円貯まらないと運用が開始されません。

より少額で利用しやすいのはトラノコですが、固定の利用料が月に300円かかる点には注意しましょう。

お釣り投資の始め方

(写真=metamorworks /stock.adobe.com)

 

トラノコの始め方 ①口座開設の申込み
・本人確認書類の提出など
・確認番号が簡易書留で郵送される
②お釣り情報の連携
・家計簿アプリ、クレジットカードなどの連携
③運用する投資信託を選択
④引き落とし口座の設定
⑤手元に届いた確認番号を入力
マメタスの始め方 ①Wealth naviで口座開設
 ・運用プランの診断、本人確認書類の提出など
 ・口座開設のお知らせが簡易書留で郵送
②マメタスにユーザー登録
 ・家計簿アプリを連携
THEO+docomoの始め方 ①THEO+docomoで口座開設
 ・運用プランの診断、本人確認書類の提出など
 ・口座開設のお知らせが簡易書留で郵送
②dカードの連携

 

お釣り投資ではいずれも口座開設が必要です。免許証やマイナンバーの登録を行い、簡易書留で送られてくる口座開設完了のお知らせを受け取りましょう。

「トラノコ」は運用する投資信託を選択しましょう。リターン重視の方は「大トラ」を、安定重視の方は「小トラ」を選択しましょう。中程度のリスクになる「中トラ」もあります。

ロボットアドバイザーで運用する「マメタス」と「THEO+docomo」は、口座開設で運用プランの診断が求められます。運用方針を決める大切な診断ですので、きちんと回答しましょう。

お釣り投資以外は? 少額から始められる投資サービス

(写真=metamorworks /stock.adobe.com)

 

お釣り投資以外にも少額から投資できるサービスがあります。

投資信託 ネット証券なら100円から買える

投資信託は金融機関ごとに最低投資額が違いますが、ネット証券なら100円から買うことができます。

下に100円から投資信託を買え、さらに販売手数料が無料のネット証券をまとめました。

投資信託を100円から買えて、販売手数料が無料の証券会社
・SBI証券
・楽天証券
・松井証券
・マネックス証券
・岡三オンライン証券
・auカブコム証券

ミニ株投資 10株から投資できるサービス

ミニ株は、通常100株単位で取引する株式を、10株単位で取引できるサービスです。株価が高い銘柄にも、少ない金額から投資可能です。

ミニ株取引ができる代表的な証券会社を以下にまとめました。

  手数料
ワンタップバイ 買いと売り、それぞれ0.5~1%
LINE証券 買いと売り、それぞれ0.05~0.5%
SBIネオモバイル証券 月間の取引金額に応じ、月220円から
(月額制の手数料)

ポイントの運用サービス

ポイントの運用サービスの種類 口座開設 代表的なサービス
ポイント運用
(ポイントのまま運用)
不要 ・dポイント投資
・楽天ポイント運用
ポイント投資
(ポイントで実際に投資)
必要 ・楽天証券
・SBIネオモバイル証券

 

現金を使わないポイント運用サービスならさらに気軽に始められます。ポイントのまま運用する「ポイント運用」と、ポイントを使って株式や投資信託に実際に投資する「ポイント投資」があります。

投資の第一歩にお釣り投資 少額から資産運用を体験しましょう

(写真=hanack /stock.adobe.com)

 

お釣り投資は少額から始められ、入金や運用を自動で行ってくれる点が魅力です。忙しい方でも手軽に始められますし、少額からできるので資産運用の入り口としてもおすすめです。

ただし、お釣り投資には手数料がかかることや、リスクがあり元本保証ではない点には注意しましょう。

 
文・
肩書・ファイナンシャルプランナー
証券会社で個人向け営業を経験し、その後ファイナンシャルプランナーとして独立。金融商品仲介業、保険募集代理業、金融系ライターとして活動しています。 関心のあるジャンルは資産運用や保険、またお得なポイントサービスなど。お金にまつわることなら幅広くカバーし、発信しています。AFP、プライベートバンキング・コーディネーター資格保有。

【こちらの記事もおすすめ】
お金が貯まるコツ5つ
「いつもお金がない人」5つの行動
お金持ちの「貯まる特徴」3つ
お金を増やしたい人へ。3つの方法
将来お金持ちになる男性の共通点5つ
PREV iDeCoのデメリットとは?
NEXT 40代の資産形成とは?これまでのやり方は通用しない!資産形成の新常識

続きを読む






Feature