増やす
2020/07/30

NISA資金、5年経過後の3つの選択肢とは?「新NISA」も解説

(写真=nattanan/stock.adobe.com)
(写真=nattanan/stock.adobe.com)

NISA口座を活用して運用を行う場合、制度の仕組みや特徴等を理解しておく必要があります。特に口座開設後の「非課税期間」が終了する際は、自身で選択・手続き等を行う必要がある事柄もあります。今回はNISAのメリットや特定口座等にはない仕組みとともに、NISA口座で運用する時の節目の1つである「5年後」に何を行えばよいのか、また2020年度税制改正大綱で閣議決定された「新NISA」の概要も合わせてお伝えします。

NISAの仕組みとメリット

NISA口座を開設すると、年間120万円の「非課税投資枠」を活用することができます。課税口座(一般口座・特定口座)では購入した株式・投資信託等の譲渡益や配当金・分配金に対しては20.315%の税金がかかりますが、NISA口座内での取引では購入した年から最大5年間は「非課税期間」として、これらの利益が非課税となります。NISA口座を活用して投資できる「非課税投資総額」は600万円です。

投資可能期間は2023年までとなっていましたが、後述する「新NISA」の創設で2027年まで延長されることになりました。

NISAの一番のメリットは「運用益が非課税」という点ですが、他にも課税口座にはないメリットがあります。「ロールオーバー」という仕組みを活用することによって、非課税期間の5年が終了した時も保有している金融商品を翌年の非課税投資枠に移すことも可能です。まずはロールオーバーの仕組みについてお伝えします。

NISAの「ロールオーバー」って何?

ロールオーバーの仕組み

ロールオーバーは、非課税期間の5年経過後も引き続き翌年の非課税投資枠を活用し、さらに最大5年間非課税で運用できる仕組みです。ロールオーバー前の5年を合わせて最大10年間非課税で運用することが可能となります。例えば、2015年にNISAを始めて2019年末に非課税期間が終了する場合、ロールオーバーを行った場合には2024年末まで非課税での運用が可能です。

同様に2016年・2017年・2018年の投資についても、それぞれ2021年・2022年・2023年にロールオーバーを行うことで、2025年末・2026年末・2027年末まで非課税での運用が可能となります。

ロールオーバーするメリット

では、ロールオーバーをするメリットにはどのような点が考えられるでしょうか。

(1)長期間の運用が可能
利益が出ている場合にはロールオーバーを活用することによって、最大10年の長期運用が可能となり、より大きな利益を得られる可能性があります。まだ売却をしたくない資産を保有している場合には活用するメリットがあります。

また、NISAは課税口座との損益通算ができず、翌年以降に損失を繰り越すこともできません(詳細はデメリットで後述)。5年経過後に評価損を抱えていた場合、ロールオーバーをしなければ強制的に課税口座に移管され、移管時の評価額が簿価(買値)となります。つまり、NISA口座における購入金額が120万円で5年経過後に80万円だった場合、80万円が課税口座における簿価となります。その後120万円まで評価額が戻った場合、40万円上昇分の譲渡税が生じます。しかし、以下のようにロールオーバーすることによって損失を確定させることなく運用を続けることができ、利益が出たところで売却することも可能です。

(2)非課税投資枠以上の投資が可能
NISAの非課税投資枠は2015年までは100万円、2016年からは120万円となっており、年間にこの金額以上の新規投資は行えませんが、ロールオーバーの際は金額に上限がなく、5年経過後の評価額が120万円を超えている場合にも全額を翌年の非課税投資枠に移すことが可能です。年間の投資枠を超えて引き続き運用を行える点もメリットと言えます。

ロールオーバーする際の注意点は?

一方、ロールオーバーを活用する際は、次のような注意点もあります。

(1)事前に手続きが必要
5年経過後にロールオーバーをするためには、同一の金融機関に翌年のNISA口座が開設されている必要があります。未開設であれば開設をした上でロールオーバーの手続きを行い、翌年の口座の種類が「つみたてNISA」となっている場合には「NISA(一般NISA)」に変更する必要があります。手続きは年末までに行う必要がありますが、金融機関によってスケジュールが異なりますので、ロールオーバーを検討する場合には事前に確認しましょう。

(2)翌年の非課税投資枠に影響する
ロールオーバーは翌年の非課税投資枠を使って行われます。年末の評価額によっては、翌年に新たに非課税枠を活用して投資を行える額に影響が出てきます。メリットの項目でお伝えした120万円以上のロールオーバーを行った場合には翌年の非課税投資枠はゼロとなり、120万円未満の場合にはロールオーバーを行った金額を差し引いた残りの額が翌年の非課税投資額となります。

(3)利益・損失が出た場合の扱い
NISA口座内での取引では利益に対して課税されませんが、損失が出た場合には課税口座のように損益通算を行うことはできず、ロールオーバーを行った場合も同様です。メリットの項目でお伝えしたように、損失が出ている状態でロールオーバーを行い、その後利益が出れば問題ありませんが、利益が出ないまま次の非課税期間が終了した場合には、その年の非課税枠を使った投資の機会を失うことにもなります。ロールオーバーは、損益の確定を先送りする機能だということを念頭に置いて活用を検討しましょう。

NISAのデメリット

次にNISAを活用する際に知っておきたい2つのデメリットをお伝えします。

NISAのデメリット1:損益通算や翌年以降への損失の繰越しができない

前述の通り、損失が出た場合に他の取引との損益通算や翌年以降への損失の繰越しができません。

通常の課税口座における取引では、投資信託を含む「上場株式等」を売却した場合に生じた損失(譲渡損失)は、同じ年の株式等の譲渡益や配当金、投資信託の分配金等と損益通算ができます。

特定口座の「源泉徴収口座(源泉徴収あり)」場合には売却取引ごとに口座内で損益通算が行われ、利益が出た場合には20.315%が源泉徴収され、損失が出た場合には利益から徴収された税金の還付等が行われます。特定口座の「簡易申告口座(源泉徴収なし)」や一般口座の場合には、確定申告を行うことで1年間の譲渡損益等を損益通算ができます。

また特定口座の「源泉徴収口座(源泉徴収あり)」と一般口座、他の証券会社の口座間等、複数の口座間での損益通算も可能です。このように課税口座で損失が出た場合には利益と相殺することができ、支払う税金を少なくすることが可能です。

さらに課税口座では、1年間の利益よりも損失の額が多く損益通算を行ってもなお損失額が残る場合には、翌年から確定申告を行うことにより、その損失を3年間に渡って繰り越すことも可能です。翌年以降に株式の売却や分配金の受取等で利益が出た場合には繰り越した損失額を控除でき、この場合にも税負担を軽減することができます。

このように、損失が出た場合の税制メリットが活用できないのがNISA口座のデメリットと言えます。

NISAのデメリット2: 課税口座へ移管した場合、税負担が増える可能性がある

NISAの5年間の非課税期間が終了する際は、口座内で保有している金融商品をその後どうするかを選択する必要があります。それぞれ詳細は後述しますが、1つめはこれまでにお伝えした「ロールオーバー」を行い引き続きNISA口座で保有する、2つめは非課税期間終了前に「売却」する、最後は特定口座・一般口座の「課税口座へ移管」する、この3つの選択肢があります。

最後の「課税口座へ移管」する際の注意点は、移管時の価格がその金融商品の「取得価額」としてみなされる、という点です。NISA口座での買付時、課税口座への移管時、課税口座での売却時の価額によって次のパターンが考えられ、それぞれ損益の額や損益通算の可否が異なります。

a.買付時の価額より移管時の価額が高い場合

このケースでは、売却時150万円-移管時120万円=30万円が課税対象となります。税引前の利益は150万円-100万円=50万円のため、特定口座で運用した場合と比較して多くの金額を手元に残すことができます。

a-2:買付時 < 移管時 = 売却時

このケースでは売却時に課税口座内で利益が出ていないことになりますので、課税対象となる金額はありません。120万円-100万円=20万円が実際の利益となります。

このケースでは課税口座内で売却損が出ていることになりますので、課税対象となる金額はありません。100万円-120万円=-20万円が売却損として損益通算の対象となります。なお上記の例では買付時と売却時の価額が同額となっていますが、例えば110万円で売却をした場合には実際の利益は110万円-100万円=10万円ですが、特定口座内では110万円-120万円=-10万円の売却損が出ていますので、10万円が損益通算の対象となります。あくまでも課税口座へ移管時の価額を基準に損益が計算されることになります。

このケースでも課税口座内で売却損が出ていることになりますので、課税対象となる金額はありません。90万円-120万円=-30万円が売却損として損益通算の対象となります。実際の損失は90万円-100万円=-10万円ですが、特定口座内では90万円-120万円=-30万円の売却損が出ていますので、30万円が損益通算の対象となります。こちらも同様に課税口座へ移管時の価額を基準に損益が計算されることになります。

b.買付時の価額より移管時の価額が高い場合

このケースでは、120万円-80万円=40万円が課税対象となります。実際の利益は120万円-100万円=20万円ですが、課税口座への移管時の価額を基準に計算されるため、課税対象となる金額が大きくなってしまいます。

このケースでは、実際には利益が出ていないにもかかわらず100万円-80万円=20万円が課税対象となってしまいます。例えば売却時の価額が90万円だった場合にも、実際には90万円-100万円=-10万円の損失が出ていますが、90万円-80万円=10万円が課税対象となり税金を支払うことになります。

このケースでは売却時に課税対象となる金額はありませんが、実際には80万円-100万円=-20万円の損失が出ることになります。課税口座内で損失が出ていませんので、損益通算の対象となる金額もありません。

このケースでは課税口座内で損失が出ていますので、60万円-80万円=-20万円が損益通算の対象となりますが、実際には60万円-100万円=-40万円の損失となります。

このように、金融商品をNISA口座から課税口座へ移管する場合にはNISA口座買付時の価額は関係なく、移管時、売却時の価額を基に損益を計算することになります。なおロールオーバーを行わず課税口座へ移管をした場合には、翌年の非課税投資枠を使いませんので、投資枠を最大限に活用できることになります。

1 2
Page 1 of 2
PREV 主婦におすすめ株主優待20銘柄!優待+配当利回りをランキング形式でご紹介
NEXT 家族信託とは?親が認知症になった場合に備える「家族信託」をプロが解説

続きを読む






Feature