増やす
2020/06/01

不動産投資は株式投資より「面白い」!その理由とは?

(画像=kan_chana/Shutterstock.com)
(画像=kan_chana/Shutterstock.com)
不動産投資は株式投資より面白い——。両方の投資をしてみてこう結論づける人は少なくありません。なぜでしょうか。不動産投資と株式投資の特徴を比べた上で、不動産投資の醍醐味について紹介しましょう。

不動産投資の特徴

不動産投資は、「土地」か「建物」もしくはその両方を購入し、インカムゲイン(保有している間に入ってくる収入)やキャピタルゲイン(売却時に入ってくる収入)を狙う投資の方法です。例えばマンション経営のケースでは、インカムゲインとして家賃が毎月入ってくる形で、そのマンションを第三者に売却すればキャピタルゲインを得ることが可能です。

「不動産投資」と一言で言っても一戸建てかマンションか、マンションであれば一棟買いか区分所有か、エリアは都心部か郊外かなどさまざまな選択肢があります。いずれの不動産投資でも共通していることは、購入後の運用は本人自らの意思で行っていくということです。

基本的には不動産管理会社に不動産の管理を委託する形が主流ですが、どのような戦略を立て、どの管理会社を選ぶか、担当者とどう連携していくかなどによって大きく成果が異なります。

株式投資の特徴

株式投資では一般的に上場している企業の株式を購入・売却し、利益をねらいます。配当金などがインカムゲイン、株式の売却によって得られる利益がキャピタルゲインに相当します。証券取引所の取引サイトやスマートフォンアプリで売買手続きが完結します。

株式投資では、今後株価が上がりそうな銘柄を選んで購入します。ただ購入後は投資家本人にできることはほとんどありません。筆頭株主になれるほどその会社の株式を保有する場合は別ですが、基本的にはその会社の株価が上がるか下がるかについては、「座して待つ」しかないのです。
1 2
Page 1 of 2
PREV 先行きの不透明感が増すと注目される「金投資」の特徴と投資価値
NEXT 資産形成したい独身看護師、まずやるべきはiDeCo?つみたてNISA?

続きを読む






Feature