増やす
2020/05/24

【米国株動向】テスラ、中国において大きな成長の可能性

(画像=テスラ)
(画像=テスラ)
モトリーフール米国本社、2020年1月4日投稿記事より

テスラ(NASDAQ:TSLA)は中国で製造したモデル3を中国の顧客に納車する準備ができています。

テスラは工場建設から自動車生産までを迅速に実行しました。

上海工場

テスラが2019年1月6日に上海で工場を建設し始めた時、1年後に自動車を生産できるようになると考える人は少なかったでしょう。

テスラは上海製車両を中国顧客に納車する準備ができています。

また、第4四半期決算で、同工場は一週間あたり3000台を超える生産能力があると述べました。

そして、上海工場にはテスラ世界納車数の約40%に相当する年間15万台の生産量を可能とする設備を設置したと発表しました。

車両生産を加速させるには時間がかかるでしょう。

しかし、テスラは以前、カリフォルニア州のフリーモント工場でモデル3の大量生産を実現しています。

そのため、上海製モデル3の生産を加速させることは可能だと思われます。
1 2
Page 1 of 2
PREV 中国のアリババ・グループ・ホールディングってどんな企業?
NEXT 20代は「自己投資」の視点で!外貨預金で身につく経済知識と金融スキル

続きを読む






Feature