家族
2020/03/05

子育てと仕事の両立は家族の未来の分かれ道

(写真=Shift Drive/Shutterstock.com)
(写真=Shift Drive/Shutterstock.com)

1.子育てと仕事は両立すべき?

(1)子育てと仕事の両立のメリット

当然、世帯収入がアップするというのが目に見えるメリットです。更に、会社に所属している場合には、将来もらえる年金が増えるというのも大きな効果です。なぜなら、厚生年金の場合には、ご自身だけでなく会社負担分の厚生年金保険料もあるからです。30歳から専業主婦になった場合と30歳以降も会社員で働き続けた場合では、老後にもらえる年金に年額約45万円※の差が出ます。(※月収月20万円程度で働いた場合)

また、子育てと仕事の両立と言うと、女性側の目線で語られることも多いですが、このテーマを考えてもらうとき、男性側の子育てへの協力意識が大きくなるというメリットもあります。

(2)子育てと仕事の両立のデメリット

一番大きなデメリットは、まだ日本の社会は女性側の負担が圧倒的に大きいという点です。メインで子供の面倒をみるのは女性側になってしまい。仕事にトラブルがあった場合、仕事が忙しい場合など、対応にかなり苦労します。お子様に何かあった場合も同様です。理解のある職場でも、気を使うことは避けられず、結果精神的な負担が増えていきます。理解があれば、まだよいですが、そもそも時短などの制度が整備されていない、あっても事実上時短は使えないという会社もあり、両立の道すら断たれてしまうケースも。いくら収入が多くなったとしても、心と体のバランスが崩れてしまってはいけませんね。
1 2
Page 1 of 2
PREV 親の老後問題、押さえておきたい3つのポイント
NEXT 知って得する出産のお金事情。ママ友にも教えてあげたい基礎知識

続きを読む

Feature