家族
2020/01/26

富裕層が子どもにしている「お金の教育」5つのポイント

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
「子どもの金融リテラシー」は、富裕層が子育てにおいて重視していることの一つです。お金に苦労する心配がない環境で育つということは、生活や教育面で大きなメリットがある反面、お金の価値が分からない大人に成長するリスクが潜んでいます。

単に、お金の価値を教えるだけではなく、子どもに幼い頃から「富裕層の思考」を身に付けさせることにより、安定した経済観念を養う点が富裕層の金融リテラシーの特徴でしょう。

富裕層が子どもに教える5つのポイント

過去30年間で1,200人以上のビリオネア(資産額10億ドル=約1,090億円以上)に取材を行った、富裕層研究家のスティーブ・シーボルト氏いわく、富裕層は自分の子どもにお金について教えるにあたり、以下の5つのポイントを重視しています。

1 成功するためには努力が必要

親の資産に依存するのではなく、経済的に独立し、自分の手で成功を勝ち得るためには、子どもの頃から努力することが必要です。

2 より大きな問題に挑戦する

革新的なアイデアや問題の解決は、お金を生みだす手段の一つです。より大きな問題を解決することで、より沢山のお金を得ることができるでしょう。
1 2
Page 1 of 2
PREV 世帯年収1,000万円は本当にパワーカップル?その実態と真実について
NEXT 海外のボーディングスクールへ我が子を留学させるのはあり?なし?

続きを読む

Feature