家族
2019/08/01

お盆前に知っておきたい苦手な親戚付き合いを円満にするための3つのコツ

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
親戚付き合いが苦手!という人は少なくないでしょう。親戚と顔を合わせるお盆前は憂鬱、そんな声もチラホラ……。いくら親戚とはいえ、他人は他人。年齢や考え方も違えば、苦手意識が出てしまうのはしょうがないことです。しかし、避けては通れない親戚付き合いも、コツを押さえれば怖くありません。ストレスを溜めずに親戚との関係を良好にするためのポイントをご紹介します。

集まりにはきちんと参加が基本

「親戚の集まりは面倒で何かと予定を作って避けてしまう」という人もいるようですが、1度足が遠いてしまうと、どんどん面倒になってしまいます。何かあったときにお世話になる可能性を踏まえて、義務としてきちんと参加しておくのがベストです。少しでも顔を合わせて情報交換しておくことが、円満な親戚付き合いにつながります。

距離感が大事!仲良くなりすぎは避けて

家を行き来したり食事に行ったりと、親戚と友だちのように仲のいい間柄を築いていることもあるかもしれません。しかし、切っても切れない間柄の親戚と仲良くなり過ぎることは、トラブルの原因になってしまうことも。円満な親戚付き合いのためには、依存し合わない適度な距離感が大切です。仲が良くてもマナーや礼儀はきちんと守るようにしておきましょう。
1 2
Page 1 of 2
PREV 介護は家族がするもの?「介護ロボット」に反対が3割
NEXT 子どもの夏休みは家族でモデルハウスに出かけよう!

続きを読む

Feature