家族
2019/07/30

子どもの夏休みは家族でモデルハウスに出かけよう!

窓際の温度は?

太陽光が差し込む窓際は、どうしても温度が高くなってしまいがちです。窓際に立つと明らかに暑い場合や、その他のスペースとの温度差を感じる場合には、実際に暮らすと暑い家である可能性があります。

吹き抜け・天窓のチェック

リビングにある吹き抜けによって、夏は暑く冬は寒くなってしまう家もありますが、高気密・高断熱の住宅であれば、それほど大きな温度差にはならないでしょう。気に入ったモデルハウスでも、吹き抜け近くの2階の廊下や2階全体がとても暑い住宅には注意が必要です。吹き抜け部分にある窓の大きさや天窓の数、シーリングファンの有無によっても吹き抜け部分の環境が変わります。

吹き抜け部分に大きな窓があっても暑さを感じない住宅、天窓からの日差しが暑くない住宅であれば、実際に居住しても夏の暑さを感じにくいでしょう。

収納や屋根裏、ロフトは?

クローゼット、納戸、階段下収納、床下収納、屋根裏、ロフトなどの温度・湿度もチェックしてみてください。扉を開けて顔や手を入れると熱気を感じるような住宅は、断熱性が低いと考えられますが、部屋との温度差や湿度を感じなければ大丈夫です。その他、季節に関係なくチェックしておきたいポイントもいくつかあります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

家族でモデルハウスに出かけよう

夏休みならではのイベントも数多く開催されている住宅展示場へ出かけて、さまざまな住宅会社のモデルハウスの内部を確認してみましょう。真夏だからこそ確認できるポイントもいくつかあります。特に、2階部分や収納部分の暑さ、窓際の熱などを確認し、最後にエアコンの室外機の台数などもチェックしておきましょう。

もりぞうでも、モデルハウス見学会や体験ツアーなど、各種見学会・イベントを開催しています。夏休みは家族全員で、ぜひ、もりぞうへお越しください。

提供・MORIZOU online

【こちらの記事もおすすめ】
親の介護に備えて準備しておく5つのこと
不倫の慰謝料相場は50万~300万円って本当?
遺産相続でもめやすいことランキンク゛
相続人の範囲はどこまで?孫や養子の扱いは?
事実婚を望む男性の3つのパターン
1 2
Page 2 of 2
PREV お盆前に知っておきたい苦手な親戚付き合いを円満にするための3つのコツ
NEXT 備えあれば憂いなし。離婚時の「財産分与」の考え方

続きを読む






Feature