キャリア
2020/01/31

がんばっても給料が上がらないアラフォー社員が「部下の成長」をサポートすべき理由

(写真=imacoconut/Shutterstock.com)
(写真=imacoconut/Shutterstock.com)
がんばっても給料が上がらない、思うように出世できない。そんな悩みを抱える会社員はたくさんいます。キャリアアップを望むなら、自分の部下に目を向けてみましょう。マネジメント力が昇進・昇給において大きく評価される理由を解説します。

会社が必要としているのは能力の高い人間よりマネジメントができる人間

給与明細を見て、昇給幅の小ささにがっかりしたり、同時期に入社したのに自分より役職が上の人間を見て、何が違うのかと落ち込んだり。サラリーマンなら、身に覚えがあるのではないでしょうか。

昇給・昇進を実現したいなら、マネジメントに力を入れることが効果的です。会社が欲しいのは、能力が高い人間以上に、マネジメントができる人間だからです。どんなに能力が高くても一人で仕事をしているのでは、結局大きな成果はあげられません。

周りと協調して、周囲をモチベートしながら、全員の力を最大化することができる人間。会社が求めるのは、そんなマネジメント力を備えた人間なのです。

部下のキャリアアップはマネジメント力を示す絶好のチャンス

新入社員の頃は、自分が勉強して知識を身につけたり、意欲的に仕事に取り組んだりするだけで評価されます。しかし、一定の経験を積んだら、それだけでは評価されません。

マネジメント力を示したいなら、自分ではなく部下のキャリアアップを支援しましょう。部下と真剣に向き合い、部下の性格や適性を見極めながら、成果をあげられるように導いていくのです。

その過程で、人を動かすこと・人を育てることの難しさや、自分が育てた人間が成功したときの達成感など、多くのものが得られるのでしょう。
1 2
Page 1 of 2
PREV 現代の女傑!女性で年収1,000万円が多い職業とは
NEXT 給料が上がらない理由は会社にある?それとも自分にある?解決策は?

続きを読む

Feature