キャリア
2020/01/10

華やかだけど実はシビア?美容部員の年収とお仕事事情

(写真=Sorbis/Shutterstock.com)
(写真=Sorbis/Shutterstock.com)
デパートなどの化粧品売り場で働く、美容部員=ビューティアドバイザー(BA)さん。常にバッチリメイクで髪もきれいにまとめていて、女性なら思わず憧れを抱くような、華やかな印象ですよね。ここでは、そんな美容部員の給料相場や仕事の実情など、意外と知らない裏側の話を深堀りしてみました。

高収入なのはごく一部?美容部員の給料相場

まず美容部員の給料相場を見てみると、平均年収は250~350万円ほどとされています。これはボーナスを考えず単純に手取りになおすと、月収約17~23万円です。

平均値だけ見てみるとそこまで多くはない印象ですが、働き方や就職先によっては、年収500万円を越える場合もあります。たとえば、一部の大手化粧品メーカーに就職した場合や、最初から店長候補として採用された場合などは、平均を上回る年収が見込めるようです。

正社員は狭き門!なれても続ける人はわずか

美容部員として働いている人の中には、実は契約社員や派遣社員の人が少なくありません。メーカーなどでの正社員の採用もありますが、採用人数は少なく、狭き門といえそうです。

さらに正社員になれたとしても、ノルマが設定されているケースも多いこと、立ち仕事で意外とハードであることなどを理由に、長続きしない人も少なくありません。また、せっかく続けられても、土日出勤が多いなどの理由から、結婚・出産後も正社員として続ける人はわずかのようです。
1 2
Page 1 of 2
PREV 自分らしい働き方って?新たなスタートを切るために必要な「いらないもの」の見つけ方
NEXT 患者に寄り添う看護をしたい!看護師の資格と学び3選

続きを読む






Feature