キャリア
2020/01/07

女性の「職種別平均年収」ランキング 自分の職種はどれぐらい稼げるの?

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
自分の職種は、いくらぐらい稼げているのかご存じですか?DODA「女性の平均年収ランキング 2018職種ランキング」に、DODAに登録している女性の平均年収ランキングが紹介されています。転職サービスに登録している女性という母集団なので少々偏りはありますが、どのような職種が高い給与なのか、参考にしてくださいね。

コンサルタントや金融専門職が強い

では、早速平均年収が最も高い職種のトップ5を見てみましょう。

1位:業務改革コンサルタント(BPR) 642万円
2位:弁護士 632万円
3位:アナリスト(金融系専門職) 603万円
4位:投資銀行業務 584万円
5位:運用(ファンドマネジャー・ディーラー) 579万円

コンサルタント業や金融の専門職が多くランクインしました。ちなみに8~10位はいずれも企業経営に関わるコンサルタント業が占めています。業務改革コンサルタントは、業務の知識とITの知識どちらも必要で、どちらの分野にも精通していて初めてコンサルティングが可能になります。複数の分野に知見があることに大きなアドバンテージがあるため、平均年収も高くなる傾向があるのでしょう。

2位の弁護士は、資格がなければできない仕事であり3~5位の金融専門職も金融分野の知識が深くなければできない職種です。
1 2
Page 1 of 2
PREV 年収293万円の時給はいくら?意外と知らない自分の時給、低い?高い?
NEXT ヤフー(Yahoo!)の平均年収はいくら?働きやすい制度が充実!

続きを読む

Feature