キャリア
2019/10/30

「楽しい仕事」と「仕事を楽しむ」は全くの別物! 仕事を楽しむってどういうこと?

(写真=getty images®)
(写真=getty images®)
今の仕事が楽しくない。そう悩む人は多くいることでしょう。しかし、“楽しい仕事”というのはそれほどまでに多く存在しません。とはいえ、楽しいと思うことができなければ続けられない。「仕事を楽しい」と思えるようになるためにはあなたの捉え方を変えるしかないのです。

仕事がつまらない。楽しい仕事ってないの?

「楽しい仕事」と「仕事を楽しむ」では全く意味が違うのはお気づきでしょうか?

世の中に楽しい仕事というのは、無いに等しいと言ってもいいでしょう。経営していくためには数字はつきもの。事務処理や管理など、ただただ楽しいという仕事だけではなく自分の苦手な分野をやることになったり、時にはつまらない業務も存在します。一見華やかそうに見えるアイドルだって、キラキラしたステージで歌っているだけではなく、その裏側は地味な練習の積み重ね。ステージに立つまでの努力は楽しいばかりではないのです。これはどんな仕事でも同じ。自分がその職種でないからこそ、隣の芝が青く感じるものなのです。

「何か楽しいことないかな?」、「楽しい仕事ってどこにいけば見つかるんだろう?」と楽しい仕事を探すのではなく、今自分が日々行っていることを工夫して面白くすることが仕事を楽しむということ。環境を生かしつつ、しっかりと働きながら自分で楽しさを見つけていくべきなのです。

楽(らく)でない仕事を、楽しくやる。新しく与えられた仕事が、コピー取りや資料の整理という雑用であっても、「こんなのは私がやるべき仕事ではない!」、「こんな雑用をするために会社に入ったわけじゃない」と、やっつけ仕事にするのではなく、それが今自分に与えられた仕事なんだと認識しましょう。楽しく仕事をこなしていくためにはどうすればいいのか? を意識すれば、どんな仕事でも面白く感じられるようになるのです。

仕事を楽しくする工夫とは?

仕事がつまらない、楽しくないと感じている方のために、今回は少しだけ例として「仕事を楽しむ」方法を挙げてみたいと思います。
 
(写真=getty images®)

自分にしかできない仕事だと自負する

「この仕事は自分にしかできない」と思うことで、その仕事に関してのプロ意識が湧きます。プロになるには情報収集も必要。どうすれば成功するのか? と考える機会も増えることでしょう。失敗は誰にでもあるものだからこそ、それは恐れずに。試行錯誤を続けることで、プロに近くことができます。たとえそれが雑用であっても、ひとつひとつの作業を真剣に。なぜならば、それはあなたにしかできない仕事だからです。自分にしかできない仕事だと捉えることによって仕事にやりがいが生まれるようになるはず。

好きと嫌いを結合させる

つまらない仕事でも、好きと嫌いを統合することができれば、多少なりとも楽しく感じられるようになります。少なくとも、「この仕事が嫌で嫌でたまらない」という考えから脱却できることでしょう。

例えば、あなたの趣味がゲームだったとします。嫌いな業務があった場合に、「これを攻略することができれば、大好きなアイスを食べてもいい!」というような、ゲーム感覚で挑戦してみてはいかがでしょう。やるべき仕事を敵だと置き換え、武器を探すのも手です。

ちょっとした遊び心を仕事に結合することができれば、「誰かにやらされている」という感覚が小さくなります。

目の前の仕事に熱中してみる

どれだけ没頭できたかで仕事に対する「充実度」が高まります。

夢中で本を読んでいたら、何時間も経っていたということはありませんか? 没頭することが多ければ多いほど、どんどん目の前のことや物が好きになっていきます。恋愛だっておなじ。気になる人がいれば、その人のことを目で追ってしまったり、考えたりしてしまう時間が増えます。これを仕事に置き換えると意識してみましょう。その業務や作業に熱中できる自分がいるから、あなたはその仕事が好きになれるはず。

まずは、目の前の仕事に興味を持つことからはじめてみていかがでしょうか?
1 2
Page 1 of 2
PREV 大阪で転職するなら登録しておきたい転職エージェント8選
NEXT 夢は叶えるためにある。「仕事運を切り拓く力」の身につけ方

続きを読む

Feature