キャリア
2019/09/03

銀行員に向いている人とは?銀行員に必要な性格や能力について元銀行員が解説

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
銀行員は業務上守るべき秘密や神経を使う業務が非常に多く、ストレスもたまりやすい職業です。そのような銀行員に求められる性格や能力にはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、銀行員になるならぜひ身に着けておきたい「銀行員に必要な性格や才能」「性格の改善ポイント」についてお伝えします。

銀行員に向いている性格 

お金が好き

銀行員にもっとも向いているのはお金が好きな人でしょう。特に、通帳の明細を見るのが好きな人は優秀な銀行員になれる可能性があります。

まじめで几帳面

まじめさや几帳面さも、銀行員に欠かせない性格です。銀行の仕事では些細なミスが命取りになるので、几帳面であることが求められます。また、顧客が安心してお金を預けられるまじめな人柄も、銀行員には必要不可欠な資質です。

体育会系

体育会系の人も銀行員に向いています。銀行内には上下関係があり、そのような関係に慣れている体育会系の人は、銀行内でうまくやっていけるでしょう。

朝に強い

銀行員は朝が早いので、朝型の方が向いているでしょう。朝の時間を金融知識や商品知識の取得、資格の勉強などに活用している銀行員も数多くいます。 

上手にストレスを発散できる

銀行員は、非常にストレスがたまりやすい職業です。しかし、ストレスの発散が上手で気持ちの切り替えも早い人は、そのようなストレスを乗り越えやすいでしょう。

銀行員に向いている才能や知識

数字に強い

銀行員にもっとも必要な才能は、数字に強いことです。数字に強いと顧客に具体的な数字を提示しながら的確なアドバイスができます。

簿記の知識がある

銀行では、業務上取引先の財務諸表を読むのも大事な仕事です。できれば簿記の知識があることが望ましいでしょう。

社交性がある

銀行員の主な業務は営業です、したがって、社交性があった方が仕事しやすいでしょう。

情報収集力がある

変化が多い金融業界においては、高い情報収集力が求められます。

字がきれい

きれいな字を書けることも重要です。特に、数字は誰が見てもわかるように書くことが求められます。
1 2
Page 1 of 2
PREV 「無印良品」(良品計画)の平均年収はいくら?女性管理職比率が37.3%と高比率!
NEXT つらい年収1,000万円と幸福な年収300万円の違い

続きを読む






Feature