キャリア
2019/07/20

MBA取得者に優遇がある企業と年収をアップする方法

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
高い専門知識を身に付け、グローバルに活躍するMBA取得者たち。MBAは、アメリカなど海外だけでなく、日本国内やオンラインでも取得することが可能です。時間とお金を投資して取得するMBA。それによって具体的にどのくらい年収が上がるのか、またMBA取得者に対して優遇がある企業などを紹介します。

MBA取得は年収アップにつながる?

MBAで身につくビジネススキル

MBAとは「Master of Business Administration」の略で、日本語では「経営学修士」にあたります。MBAを取得する過程では、経営に関するプロフェッショナルを育てるための専門的な教育を受けることが可能です。ファイナンスから会計、経営学、マーケティング、情報システムなど経営に必要な知識を幅広く学ぶことができます。

MBAは資格ではなく学位です。そのため、弁護士や公認会計士のようにその資格があれば特定の仕事に就けるというわけではありません。

とはいえ、経営が正しく行われているかを判断するための理論や財務知識を得ることは、企業の中核組織で経営を担う人々にとって必須であるとも言えるでしょう。

MBAは年収アップにどうつながるのか?

MBAを取得していると、「ビジネスを行う人材としての基盤がある」と周囲から認識されます。そのため、経営のプロフェッショナルとしてヘッドハンターの目に留まりやすくなり、自分の希望する条件に近い仕事を得られる可能性があるでしょう。また、ビジネススクールなどで培った人脈から仕事が生まれることも多々あります。

企業からの派遣でビジネススクールに行き、MBAを取得した場合は、そもそも企業の中で定められた厳しい条件をクリアして行くわけですから、企業側もMBA取得後はより会社にとってプラスになるように働いてくれることを期待しています。そのため、取得後はそれまでよりも待遇が良くなったり、希望する部署に移動できたりなど、待遇に変化があるケースが多くみられます。

MBA取得後の年収は?

ハーバード大学などで海外MBAを取得した人の年収

ハーバード大学のビジネススクールが、2018年度の入学生を対象に就職内定者の見込み給与・手当について調査を行った結果、給与の中央値が14万米ドル、ボーナスの中央値が2万5000米ドル、その他の手当が2万8750米ドルでした。

合わせて19万米ドルとなり、日本円にすると約2000万円程度の年収です。

ハーバード大学のビジネススクールは入学の基準も高く、また卒業生に著名人が多いことも特徴です。非常に優れた人々との出会いが多く、有益な人脈を築くことができるでしょう。また、数多くの優良企業がインターンシップを受け入れています。

有名校のビジネススクールを卒業することは、就職先の企業だけではなくクライアントからの信頼獲得にもつながるでしょう。

国内MBAを取得した人の年収

国内MBAが取得できる学校の一つであるグロービス経営大学院の調査によれば、卒業生(回答率46%)のうち63%の人が入学時よりも収入が増加したと答えているほか、全体の50.6%の人が卒業後に昇進しています。

また同大学院卒業後、5年以上経過した時点での収入は、大学院入学時と比較して48.3%、卒業後10年以上だと72.6%も増加していることが分かりました。

これがいかに高いかは、MBA未取得の場合と比較するとよく分かるでしょう。転職・求人情報のdodaが正社員勤務のサラリーマンに対して行った「平均年収」の調査によると、30歳時点で414万円、35歳時点で465万円、40歳時点で505万円です。年収増加率を見ると、30歳から35歳にかけては約12%、35歳から40歳にかけては約8%となっており、MBA取得後の年収増加率の高さが目立ちます。
1 2
Page 1 of 2
PREV お金持ちの仕事への向き合い方「他人を変えるより自分が変わる!」とは?
NEXT 女性がSNSを活用して失敗せずに稼ぐ方法とは?

続きを読む

Feature