キャリア
2019/05/25

CAが伝授!新入社員を上手に注意する方法3選

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
春になると毎年頭を悩ませるのは新入社員との接し方ですよね。仕事を覚えてもらうためには注意することも必要ですが、問題はその方法です。今回は、新入社員に嫌われずに上手に注意する方法をご紹介します。

自分の失敗や経験を交えながら話す

今はそつなく仕事をこなしている先輩達も、新入社員の頃には同じような失敗をしたはず。そんな失敗談を話して、しかるのではなく失敗は成功の元となることを話してみましょう。

CAで言えば、お客様にコーヒーを頼まれていたのにすっかり忘れてしまい、お客様が飛行機を降りられるときにお顔を見て思い出したことがある!というのは誰もが一度はやったことのあるような失敗です。そんな失敗談を話しながら、次から忘れないようにすることが大切だということを教えてあげましょう。

例をあげて自分で気づかせてあげる

実は失敗に気づいていても、こちらが気づかない振りをするのも1つの方法です。自分で失敗に気づかせてあげれば、お互いに嫌な気持ちになることはありません。

例えば、書類の書き方を間違って覚えていたCAが失敗をしたことで勉強して、今では完璧にできるようになり、みんなが頼りにしているというエピソードを話し、注意するのではなく間違いを自分で気が付くように誘導してあげれば、注意しなくてすみます。
1 2
Page 1 of 2
PREV 育休後に退職せざるを得なくなったら?ルールと手続きの基礎知識
NEXT 地方移住でフリーランスデビュー?地方自治体がクラウドソーシング企業と提携

続きを読む

Feature