キャリア
2019/05/22

「イオン」の平均年収はいくら?職場に保育園併設など先進的な取り組みも

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
『日経WOMAN』が選出する「女性が活躍する会社BEST100」で2017年度1位、2018年度8位、2019年度7位にランクインした小売業のリーディングカンパニー、イオン株式会社。多くの人が勤めたいと思う企業といえるでしょう。最新の有価証券報告書から従業員の年間給与を紹介します。

有価証券報告書とは?

日本証券業協会によれば、有価証券報告書とは「会社の概況から事業や設備の状況、財務状況まで多岐にわたる情報が盛り込まれている報告書のこと」とあります。子会社を保有している企業の場合、連結決算と単体決算に分けて利益などが表示されています。

単体は、その企業のみの損失や利益等の数字、連結は子会社や関連会社も含めた数字です。子会社の経営状況は少なからず親会社に影響しますので、現在は日本を含め世界的に連結決算の数字が重要視されています。

有価証券報告書には、企業の事業内容や従業員の状況から中長期経営計画から、将来的なリスクといった企業の経営状況のすべてが記載されています。就職や転職において、企業研究する際には、まず目を通しておきたい書類です。

希望の企業を探すときに確認するだけでなく、面接のときにも頭に入れておくことで、面接官とのやり取りがスムーズになりプラスに働くことでしょう。

イオンの平均年間給与は799万円

持ち株会社であるイオン株式会社の2018年2月末時点の平均年間給与は799万4,665円です。また、平均年齢は46.7歳で平均勤続年数は18.4年であることが分かります。子会社を含めた連結ベースで営業収益を見てみると、2014年度は6兆3,951億円でした。

しかし、2018年度は8兆3,900億円と大幅に増加しています。主力事業であるイオンモールなどグループの中核を担うGMS(総合スーパー)事業は、収益構造改革に取り組んだ結果、大幅に損益が改善されました。

また、利益の柱であるドラッグ・ファーマシー事業や総合金融事業が今期も好調だったことで、売り上げを伸ばしている状況です。
1 2
Page 1 of 2
PREV リーダーに求められる時間管理術 3つのコツ
NEXT 仕事を断れない人にありがちな3つの特徴

続きを読む