キャリア
2019/04/17

「追い詰めない」叱り方 新人マネジメント6つのポイント

(写真=Silatip/Shutterstock.com)
(写真=Silatip/Shutterstock.com)
新入社員が仕事に慣れてきたものの、まだまだミスや失敗の多い6月、早く成長してほしい一方、心が折れて辞められては困る、と上司や先輩の悩みは尽きない。部下や後輩とコミュニケーションをとる上で、追い詰めないように言葉をかけるポイントを紹介しよう。

責めるニュアンス入っていませんか? 叱る側も冷静になることが大事

1. 「社会人・職場の常識、知っていて当たり前」 知らないことを責めないで

自分が当然のようにこなしている仕事を部下ができないと、なぜ知らないのかとつい言ってしまいがち。そう言われたところで、「知らないものは仕方ないじゃないか」と思うのが若い人の本心。何の解決にもならないばかりか、「私は非常識なのか?異常なのか?」と不安にさせてしまう場合もある。

知らないことを責めるのではなく「きちんと知ってもらう」ことを最優先に考えよう。例えばメールひとつとっても、今まで同世代とのやりとりしか経験していない彼らは相手に「様」をつける習慣を知らなくても不思議ではない。決して嘘をつく必要はないが「私も知らなかったからね」と添えれば、相手の知識の無さはやんわりと伝えられる。その上で、社会のルールや仕事の進め方をきちんと教えればいい。

2.「あの人はできるのに……」 成長速度は人それぞれ

部下の欠点を見ると、つい優秀な他人と比べてしまうものだが、口に出してはいけない。「同期の○○さんはできるのに」などもってのほか。「自分でも分かっていただけにヘコむ」という若手社員に追い打ちをかけてはいけない。これで自信をなくすと、仕事のやる気も削がれるなど裏目に出ることが多い。

「誰でも最初はできないものだ」とフォローをして「自分だけが劣っているわけではない」とまずは安心させることだ。部下の「成長したい」という気持ちや仕事への意欲を不必要にそぐことはない。比べるべきは「デキる」他人ではなく、部下の過去。以前と現在とを比較して、成長しているかどうかで、仕事ぶりを判断するようにしたい。

3.「どうしてできないの?」 悩んでいることに追い打ちをかけない

感情的になったとき、つい出てしまうのが「なんでできないの」。それが分かれば苦労しないので、悩んでいる人には辛い言葉だ。

相手に気持ちをぶつけるだけでなく、「原因はどこにあったのか」「改善するにはどうすればいいのか」という質問を重ねて検証しよう。指示をするだけでなく、本人に考えさせることが大事だ。例えば、部下が取引先に失礼をしてしまった場合「もし○○社の人がウチに対して同じことしてきたらどう思う?」と具体的にイメージしてもらうと部下の記憶にも残り、同じ過ちをしにくくなる。
1 2
Page 1 of 2
PREV 「証券会社から起業家へ」角田千佳さんが自分らしいキャリアを見つけるまで
NEXT 金融機関で働く女性のキャリアのお悩みTOP3

続きを読む