キャリア
2019/04/14

金融機関で働く女性のキャリアのお悩みTOP3

(写真=筆者撮影)
(写真=筆者撮影)
移り変わりの激しい金融業界で働く女性たち。中には「なんとなく将来が不安だけれど、具体的に何をしたらよいかわからない」と悩む人も少なくありません。

働く女性のためのお金のメディア「DAILY ANDS」ではそんな金融女性のためのキャリアイベントを3月24日に開催します(参加無料)。イベントの開催を前に、金融専門のキャリアアドバイザーにインタビューをし、金融女性がそもそもどのようなキャリアのお悩みを抱いているのか、聞いてみました。

今回、取材に協力してもらったのは……

(写真=筆者撮影)

「ZUU CAREER」
キャリアコンサルタント
佐藤 僚介さん

大阪府出身。京都大学卒業後、三井住友銀行に入行。支店業務や法人営業に従事し、2018年5月に株式会社ZUUに参画。金融特化型キャリア支援「ZUU CAREER」のキャリアコンサルタントを務める。金融パーソン向けの営業力向上のための個別コンサルティング、営業力向上講座の講師なども行う。

キャリアに不安を抱く金融パーソン

ーーZUU CAREERについて教えてください。

「ZUU CAREER(ズー・キャリア)」は金融業界に勤めている人を対象とした、キャリアの総合支援サービスプラットフォームです。株式会社ZUUが運営しています。

2017年4月にスタートしこれまでに4,000人以上の方のキャリアを支援してきました(2018年10月末時点)。メインユーザーの年代は20~30代となっています。

ーー金融に特化したキャリア支援サービスのニーズがあったのでしょうか?

そうですね。ここ数年、金融業界を取り巻く環境は大きく変化しています。マイナス金利もそうですし、RPAやAIの導入、フィンテック化、人員削減もそう。金融機関にとってはビジネスモデルの転換が必要な局面になっていますが、そうした中で自分のキャリアに不安を感じる金融パーソンはすごく増えている印象です。

また転職市場全体からの要因で言えば、現在有効求人倍率も1.62倍(2018年10月)と高く、転職しやすくなっていることも関係していると思います。

金融女性のキャリアのお悩みTOP3

(写真=筆者撮影)

ーーこれまで金融機関に勤める女性の相談にも乗ってきていると思いますが、金融女性のキャリアの悩みTOP3は何ですか?

(1)ライフイベントとの兼ね合い、(2)スキル、(3)業界不安からくるキャリア不安、の3つだと思います。

(1)ライフイベントとの兼ね合い

ライフイベントとキャリアの両立についての悩み。「全国転勤がつきまとう会社ではライフイベント設計がしにくいが果たして現職のままで理想の人生設計ができるのだろうか」「転職は結婚の前がいいのか後がいいのか」「転職したらしばらく出産はできないのではないか」、など。

(2)スキル

出産後の復職に絡んでくる悩み。スキルが身につかないまま出産や育児で休職すると、復職した時にポジションが下がってしまう可能性があるのではないか、今のうちにスキルを身につけておきたいが、現職でそれが叶うだろうか、という悩み。

(3)業界不安からくるキャリア不安

「金融業界全体が不安→その中でキャリアを構築するのが不安」、という価値観を持つ人が増えてきている。
1 2
Page 1 of 2
PREV 「追い詰めない」叱り方 新人マネジメント6つのポイント
NEXT 給与天引きの所得税はどう決まる?給与明細の超基本の見方

続きを読む