キャリア
2019/03/16

世間の人はいくらもらってる?職業や男女別の年収の差はいくら?

(写真=akiyoko/Shutterstock.com)
(写真=akiyoko/Shutterstock.com)
新年度が近づき、昇給や昇格が決まった人もいるでしょうか。年収アップは働く人なら誰しもが気になる話題ですよね。職業別、男女別の平均年収などを解説し、年収に向き合うコツを紹介します。

予想通り?高給取りは医師、パイロット、弁護士、公認会計士、税理士など

職業別年収ランキングの上位を占めるのは、やはり医師、パイロット、弁護士などの職業の方です。

厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査によると、医師の年収は約1,233万円、パイロットは約1,192万円、弁護士で約1,029万円、公認会計士・税理士で約1,042万円です。

同じ医師でも、歯科医師では757万円、獣医師は525万円と年収に差があります。

より詳しい情報はこちら。
1 2
Page 1 of 2
PREV 自治体が地域づくりのプロ採用。長崎で年収1200万円も
NEXT IT・Web業界の社員が評価する「経営手腕が優れた社長」ランキング

続きを読む