キャリア
2020/11/21

『Woman type』より

【産育休中・復職女性&パートナーアンケート】疎外感・孤立感…女性の8割が感じている辛さとは?

「結婚・出産後も長く働きたい」というのは、もはや多くの女性が思い描く未来となりました。

一方で、出産前に想像していた産後の生活や復職後の働き方などと現実のギャップに、「こんなはずでは」と悩む女性も少なくありません。

産後の女性にはどんな変化が起こるのか、パートナーとの関係性はどう変わるのか、育休の過ごし方がその後の人生に与える影響とは……?

そこで今回、育休コミュニティMIRAIS(ミライズ)が実施した、産育休中、および産育休から復職後5年以内の女性(381名)と育休中の妻を持つ男性(47名)を対象とした「育休の実態と、育休後の働き方」に関するアンケート調査結果を紹介。全3回に分けて結果を見ていきたいと思います。

第1回では、女性に聞いた「出産前と出産後の生活の変化」と「復職に対する考え」についてレポートします。

 

トピックス

・8割の女性が出産前に想像していた生活と現実のギャップ(身体的・精神的負担、社会からの疎外感・孤立感)を感じている
・8割以上の女性が育休中に復職への不安を抱いている
・復職に不安を抱きながらも、仕事にやりがいを持ちたいと答えた女性は9割以上
・復職後に意欲(モチベーション)がダウンしてしまう理由として職場との認識のずれが考えられる

 

産後の女性が直面する想像以上の身体的・精神的負担と、社会からの疎外感・孤立感

産育休中・復職女性&パートナーアンケート
産育休中・復職女性&パートナーアンケート
産育休中・復職女性&パートナーアンケート

約8割(77.4%)の女性が、出産前に想像していた産後や育休中の過ごし方と現実のギャップを感じていると回答しています。

具体的に「出産後の悩み」として挙げられるのは、「睡眠不足」「身体的・精神的負担」、続いて「育児の不安・忙しさ」など。一方「育休中に特に辛いと感じたこと」については、同様に「睡眠不足」が1位ですが、続いて「突然消える一人時間」「社会からの疎外感・孤立感」が挙げられています。

この回答より、育休期間においては育児中心の生活になることで思い通りに時間が使えないことや、仕事をしていた時と比べ生活が激変することで社会との断絶感・喪失感が想像以上の辛さであると多くの女性が感じていることがうかがえます。

1 2
Page 1 of 2
PREV トヨタの平均年収はいくら?日本最大手の気になる待遇は
NEXT 【読めたらすごい】「具に」何て読む?

続きを読む






Feature