キャリア
2018/07/10

MBA取得だけじゃない、キャリアアップに必要な5つの能力とは?

(写真=3D_creation/shutterstock.com)
(写真=3D_creation/shutterstock.com)
雇用主を対象とした調査から、2018年にMBA取得者を雇う予定の雇用主が7割を超えていることが分かった。ビジネス経験の豊富な者やバカロレア取得者を求める雇用主は8割を超えた。

その一方で「一流のMBAを取得していない限り、あまり恩恵を受けられない」「MBAよりも短期間集中コースの方が効果的」との報告もある。MBAを含むスキルの他に企業が重視する5つの能力を身に付けることが、取得後のキャリアアップに必要となりそうだ。

バカロレア取得者の需要は変動なし MBAが追い上げる?

世界の経営大学による非営利組織Graduate Management Admission Council(GMAC)は、2017年11月に93人の雇用主を対象とした調査を行った。その結果、雇用主の83%が「2018年はビジネススクール生を雇用する」ことを計画していることがわかった。

2017年にMBA取得者を採用した雇用主は69%、2018年の新規雇用を予定しているのは72%。経験者(2017年採用86%、2018年予定92%)およびバカロレア取得者(各88%)を下回るが、成長率では変動なしのバカロレア取得者を上回っている。

調査に協力した人材採用担当者は「修士取得者の需要は拡大するが、バカロレア取得者の需要は縮小する」と予想している。

2017年には一般的な人材と専門的な知識や技術を持った人材を求める割合が均等だったが、2018年は専門的な知識や技術を持った人材(40%)の需要が、一般的な人材(28%)を超えている。MBA取得者への需要が3ポイント増えた要因は、この辺りにあるのだろう。

その一方で国外からの人材確保を予定している雇用主は28%と、2017年から9ポイントも減った。トランプ政権誕生後の移民規制の影響が、色濃く表れているものかと思われる。

技術とリーダーの素質育成を提供するMBA

MBAがキャリアアップに役立つことは、多数の経験談で立証されている。例えばHEC経営大学院のMBA取得者の約80%は、大手企業に就職している。

これらの企業は革命的な商品を開発する上で戦力となる、経営スキルを身に付けた人材を常に探している。

技術面だけを重視するのであれば専門的な修士号者を雇用するだけで十分だが、HEC経営大学院MBAプログラム責任者アンドレア・マジーニ氏は「技術だけではなくリーダーの素質も重視されている」と指摘。「技術とリーダーの素質の両方を備えたプログラムを提供しているのはMBAのみ」と強調している。(フィナンシャルタイムズ2018年3 月26日付記事)。 
1 2
Page 1 of 2
PREV 3週間で自分を変える「セルフブランディング」のポイントは?
NEXT 「理想の上司」天海祐希に学ぶ、尊敬される女上司の鉄則とは