キャリア
2018/07/08

「仕事を減らして業績を上げる7つの方法」元BCG敏腕マネージャーが発見

(写真= Panumas Yanuthai/Shutterstock.com)
(写真= Panumas Yanuthai/Shutterstock.com)
一生懸命仕事をしているのに、楽をしているようにみえる同僚がさっさと昇進する――そんな社会の不合理に歯ぎしりしたことはないだろうか。しかしそれは不合理どころか、当然の成り行きだという。

ボストン・コンサルティング・グループの元マネージャーで、世界で最も影響力があるマネージャーを評価する「Thinkers50 マネジメント」にも選ばれたモートン・ハンセン教授は、「業績のよいマネージャーほど、仕事量が少ない」と断言する。

過去5年にわたり、マネージャー5000人を対象に実施した調査からハンセン教授が発見した、「仕事を減らして成功する7つの方法」をみてみよう。

1.「凝縮」した優先事項に全力投球する

タスクを完了し、成果をだすためには何をすべきか―優先事項をリストアップしている人は多いだろう。仕事ができる人との決定的な差は、優先事項の数だ。ハンセン教授いわく、仕事ができる人ほど優先事項を「凝縮」しており、成果がだせない人ほど優先事項の数が多い。

まずはタスクを完了する上ですべきことのリストを作ってみる。優先事項を絞り込み、そこから本当に重要なものだけに絞り込む。例えば顧客からのメールに目を通すことは重要だが、すべて自分でチェックする必要はあるだろうか。絶対に自分が目を通す必要があるメールだけを部下により分けさせるだけで、時間と労力の大幅な短縮を図れる。

つまり優先事項を極限にまで凝縮することで、そこに全力投球する時間が増えるということだ。このように、濃縮させた時間を本当の優先事項にのみ費やすという手法は、ビル・ゲイツ氏の定番でもある。

2.周囲と協力する機会を制限する

組織内でネットワークを築き、お互いに協力しあって作業を進めるという従来の効率アップアドバイスは、ハンセン教授いわく「完全に的はずれ」。仕事ができる人ほど、周囲と協力しあう機会が少ないというのである。

周囲との協力を拒絶するという意味ではなく、限定するということだ。仕事ができる人は関与するプロジェクトやタスクを慎重にえらび、自らの努力や力量をよりすぐりのものにのみ注ぎ込む。これは時間の凝縮化と共通する部分がある。

3.働きながら学ぶ「学習ループ」を活用する

「学習ループ」の活用は仕事ができる人になる必須条件だろう。学習ループとは既存の考え方や行動の枠組みにしたがって、あるいは既存の枠組みを捨てて新たな考え方や行動を取り入れる概念のことだ。

会議やプレゼンテーションで時計をみながら睡魔と戦うか、学習の場として活用するかが明暗を分ける。同僚や上司、得意先からのちょっとしたフォードバックも、重要な指標となる。

ハンセン教授の調査では、同じことを何度も繰り返し、仕事に精を出すことで業績を上げたという例はなかったそうだ。働きながら学ぶという学習ループを習得することは、仕事の効率アップの秘訣である。
1 2
Page 1 of 2
PREV 集客も宣伝費もいらない「ファンクラブビジネス」の中身
NEXT キャリアアップのチャンス!今年拡充された「専門実践教育訓練給付金」とは?

続きを読む