トクする
2020/04/21

エポスカードのポイント還元率とお得な貯め方・交換方法

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
マルイグループのエポスカードは、年会費無料で発行スピードが早いことでも知られるクレジットカードです。今回は、エポスカードのポイント制度の概要とお得なポイントの貯め方、お得なポイント交換方法を解説しながらエポスゴールドカードのポイント制度についても紹介します。

エポスカードのポイント制度と還元率

(写真=PIXTA)

エポスカードのポイント制度は、「エポスポイント」が貯まる制度でエポスカードのポイント還元率は、通常0.5%です。カード利用200円(税込み)ごとに1ポイントのエポスポイントが付与され基本的には1ポイント1円で利用できます。ただし、カード払い時にリボルビング払いや3回以上の分割払いなど分割手数料がかかる支払いを選んだ場合、200円(税込み)ごとに2ポイント付与です。

この場合、ポイント還元率1.0%になります。また、エポスカード新規入会時には、2,000円分のエポスポイントまたはクーポン券がもらえる入会特典も実施中です。丸井の店舗でカードを受け取る場合はクーポン券、それ以外の場合はエポスポイントでのプレゼントとなります。

>>>「エポスカード」の詳細を見る(公式サイトへ)

エポスカードでよりお得に!ポイントの貯め方

(写真=PIXTA)

エポスカードでよりお得にポイントを貯める方法は5種類ありますので、それぞれ順番に解説します。

飲食店・カラオケ店利用でさらにお得に

さまざまなジャンルの飲食店やカラオケ店でポイント最大10倍付与や各種料金から数%割引などのサービスが受けられます。エポスポイント最大10倍得られるレストランの例としては「アパホテル〈新宿御苑前〉ステーキ&ハンバーグ 匠」など。ポイントが貯まる率は少なくなりますが、代金割引やドリンク1杯サービスなど、お得な特典も受けられるのでさらにお得に利用できるでしょう。

食事や遊びに行く前には、エポスカードの特典が使えないかどうかチェックをお忘れなく。

提携店舗でのショッピングでボーナスポイント

エポスカードは、マルイだけでなくさまざまな商業施設と提携しており提携施設ではボーナスポイントがゲットできます。例えば、愛知県のセントラルパークでは、いつでもエポスポイントが4倍付くため、ポイント還元率が2.0%と非常に高い点が特徴です。さらに毎月8の付く日はエポスポイントが10倍貯まるほか、年4回は10%セールも実施しています。

提携している商業施設によってボーナスポイントの倍率や割引条件などは変わってきますので各施設の情報を確認して、よりお得な店舗を利用しましょう。

「たまるマーケット」経由のネットショッピングでポイント2~30倍

エポスカードが運営しているポイントサイト「たまるマーケット」経由でネットショッピングをするとポイントが2~30倍付与されます。例えば、大手ECサイトのAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどでも2倍のポイントとなります。旅行サイトのエクスペディアは9倍、じゃらんならポイントは5倍となりかなりお得です。

ネットショッピングの多い人は、「たまるマーケット」を経由して買い物をすることで、より多くのポイントが貯められます。

「エポトクプラザ」で旅行を申し込むとポイント最大6倍

「たまるマーケット」経由以外にも旅行で多くのポイントが貯められる「エポトクプラザ」があります。例えば、アパホテルグループなら、エポスポイントが5倍に。H.I.Sのツアーならエポスポイントが3倍になります。エポスポイントアップだけでなく代金の数%割引などの特典もありますので活用しましょう。

アプリのミニゲームで毎日3ポイントゲットのチャンス

エポスカード公式アプリは、iPhoneやAndroidにインストールしてエポスカードの利用明細などをすぐに確認できる便利なツールです。このアプリ内にあるミニゲームで勝つと1日3ポイントがゲットできます。買い物をしなくてもエポスポイントがケットできるので毎日こまめにチャレンジしたいゲームです。

>>>「エポスカード」の詳細を見る(公式サイトへ)

エポスゴールドカードのポイント制度

(写真=PIXTA)

エポスカードの上位カードである「エポスゴールドカード」。年会費は5,000円(税込み)です。ただし、インビテーションやプラチナ・ゴールド会員の家族からの紹介なら永年無料、年間の利用額が1回でも50万円以上あれば翌年度以降永年無料など年会費を無料にしやすいゴールドカードでもあります。一般カードとエポスゴールドカードのポイント制度の違いは主に3つです。

1つ目は、エポスゴールドカードの場合、エポスポイントの有効期限が無制限になります。エポスゴールドカードなら焦ってポイントを交換する必要がありません。2つ目は、年間利用額が50万円で2,500ポイント、100万円なら1万ポイントもらえることです。年間利用額が50万円以上になる見込みなら年会費も翌年度から無料になるため、エポスカードからエポスゴールドカードへ乗り換えたほうがお得でしょう。

3点目は、よく利用する3店舗を選んで登録するとポイントが最大3倍になる制度です。これもエポスゴールドカードならではの特典です。選べるショップは300種類以上あり中には電気・ガス・水道などの公共料金やJR東日本など毎月固定で利用するショップも選べます。

貯めたエポスポイントのお得な交換方法

(写真=PIXTA)

基本的に貯めたエポスポイントは、1ポイント1円でさまざまな商品券やポイントなどに交換できます。丸井での買い物やネットショッピングなどで利用する際も1ポイント1円で利用可能です。しかし、この交換レートよりもさらに高い交換レートを得る手段は2種類あります。1つ目は、モンテローザの食事券やケユカへの交換です。

エポスポイント400ポイントで500円分の交換となり、ポイント交換率が1.25倍とお得になります。2つ目は、ANAマイルへの交換です。エポスゴールドカードまたはエポスカードプラチナに限りますが、エポスポイント500ポイント→500マイルの交換なのが600マイルの交換となりお得です。

ポイントアップ方法を把握してお得に利用しよう

エポスカードのポイント制度は、お得なポイントの貯め方としてさまざまなポイントアップ方法を知り積極的に使うことが重要です。また、エポスゴールドカードに切り替えると、さらに多くのエポスポイントが貯められます。年間で50万円以上をクレジットカードで決済している人はエポスゴールドカードを申し込むことも検討してみてくださいね。

>>>「エポスカード」の詳細を見る(公式サイトへ)

文・藤森みすず

【こちらの記事もおすすめ】
何が違う?クレカ、デビット、プリペイド
「セブンカード・プラス」申し込み方法
イオンカードのメリットは?
楽天カードの申し込みの流れを解説
ゴールドカードを持ったほうがお得な人
PREV ANA JCBカードってどんなカード?マイルやポイントの貯め方も解説します!
NEXT イオンカードのポイント還元率とお得な貯め方をチェック!

続きを読む






Feature