トクする
2020/04/16

エポスゴールドカードの付帯保険はお得?補償内容をチェック

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
エポスゴールドカードは、ファッションビルなどの商業施設を展開する丸井グループのクレジットカード。丸井での買い物で特典が受けられるほか、年間利用額によって翌年以降の年会費が無料になるなどコストパフォーマンスが高いゴールドカードです。今回は、特に付帯保険に注目して補償内容や家族も補償する方法などについて解説します。

エポスゴールドカードとは?

(写真=PIXTA)

エポスゴールドカードは、申し込み可能なゴールドカードで年会費は5,000円(税込み)です。エポスカードを使っているとインビテーションを受ける場合もあり、その場合は年会費永年無料となります。また年間利用額が50万円以上の場合、翌年以降年会費無料となり維持コストを低く抑えやすい点は大きな特徴です。

ポイント還元率は0.5%でポイントの有効期限は無期限。空港ラウンジ無料やさまざまなポイントアップ制度などもあり、一般のエポスカードよりもお得な付帯サービスが多い点も特徴です。

>>「エポスカード」の詳細を見る(公式サイトへ)

エポスゴールドカードの付帯保険と補償金額

(写真=PIXTA)

エポスゴールドカードの海外旅行傷害保険は、充実の内容でなおかつ自動付帯。補償対象の旅行は海外旅行のみで国内旅行は対象外です。クレジットカードの海外旅行傷害保険には、自動付帯と利用付帯の2種類があります。利用付帯は、そのクレジットカードで旅行代金を支払った場合のみ補償されますが、自動付帯ならカードを持っているだけで補償対象となるのです。

補償内容は海外旅行中のケガや病気だけではありません。賠償責任が発生した場合や携行品が壊れた場合、遭難して救援を受けた場合の費用なども補償されます。補償内容・補償金額は以下の通りです。
  • 傷害死亡・後遺傷害 :最高補償額1,000万円(1事故の限度額)
  • 傷害治療費用:300万円(1事故の限度額)
  • 疾病治療費用:300万円(1疾病の限度額)
  • 賠償責任(免責なし):2,000万円(1事故の限度額)
  • 救援者費用:100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
  • 携行品損害(免責3,000円):20万円(1旅行・保険期間中の限度額)
エポスゴールドカード以外にも海外旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードを持っている場合、補償を受ける内容によって補償額の扱いが異なるので注意してください。障害死亡・後遺障害の場合は他のクレジットカードと関係なくカードごとに最高補償額の範囲内で支払われます。しかし、傷害死亡・後遺障害以外の保険金額は合算され各カードの補償額に合わせて按分された金額の支払いになるため注意しておきましょう。

エポスゴールドカードの付帯保険はどう利用する?

(写真=PIXTA)

エポスゴールドカードの保険対象者は、カード会員本人のみで補償対象の旅行はカード加入日(カード発行日)の翌日以降で日本を出発する旅行です。補償期間は、1旅行につき最長90日間となります。付帯保険は自動付帯なので基本的に旅行時に携帯するだけで特に事前の手続きや準備は必要ありません。ただし一部の国では、海外旅行傷害保険が必須となっている国(チェコ・ポーランド・ハンガリー・イランなど)もあります。

そのため、海外旅行傷害保険が必須の国へ行く場合は、付保証明書が必要です。付保証明書を発行する場合は、出発2週間前までに「エポスカード海外旅行保険事故受付センター」(電話番号:0120-11-0101・24時間受付)へ連絡して発行してもらいましょう。保険金を請求する際は、現地でなければ調達できない書類もあります。

そのため、まずはエポスカード海外旅行保険事故受付センターに連絡して必要な書類を確認することが必要です。念のため、旅行出発前にエポスカード海外旅行保険事故受付センターの電話番号は控えておくようにしましょう。

エポスゴールドカードで家族も補償する方法

(写真=PIXTA)

ここまで説明した通りエポスゴールドカードの付帯保険は、カード会員本人のみが補償対象です。ただエポスゴールドカードで家族も補償する方法もあるため、家族で海外旅行に行く予定の場合は確認しましょう。家族が18歳以上の場合は、エポスファミリーゴールドの発行がおすすめです。エポスゴールドカード会員本人から家族に招待メッセージを送信し、メッセージを受け取った家族が専用ページから申し込みを行うとエポスファミリーゴールドが発行できます。

エポスファミリーゴールドは年会費無料でエポスゴールドカードと同じ海外旅行傷害保険が付帯されます。エポスファミリーゴールドは、2親等以内かつ18歳以上でなければ発行できません。18歳未満の家族の場合は、この方法は使えませんので別途他の海外旅行保険が必要です。

エポスカートの海外旅旅行傷害保険は引受会社が三井海上火災保険株式会社で、カードの保険にプラスして契約することも可能です。インターネット上からの契約も可能なので、18歳未満の家族に対する補償を上乗せしたい場合は、利用を検討してみてください。

エポスカードの一般・ゴールド・プラチナで付帯保険はどう違う?

(写真=PIXTA)

一般のエポスカードは、エポスファミリーゴールドの発行ができません。そのため家族で海外旅行に行く場合は、三井住友海上保険の海外旅行保険を申し込むなど別の海外旅行傷害保険に加入することが必要です。

エポスプラチナカードは、エポスゴールドカードの補償内容に加えて国内旅行も補償対象になります。また、エポスゴールドカードは、家族も補償対象にするためエポスファミリーゴールドを発行することが必要です。しかし、エポスプラチナカードは、1枚だけで生計を一にする家族も補償対象となります。

エポスゴールドカードは自動付帯で補償内容も豊富!

エポスゴールドカードの付帯保険は自動付帯でさまざまな補償を受けられる便利なサービスです。また、傷害死亡・後遺傷害や障害治療費用、携行品損害など旅行中に発生しそうなトラブルをカバーする充実の内容となっています。家族も補償対象にする場合は、エポスファミリーゴールドを発行するとカード会員と同じ補償を受けることが可能です。

海外旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードを検討している人は、自動付帯で利用しやすいエポスゴールドカードも検討してみてくださいね。

>>「エポスカード」の詳細を見る(公式サイトへ)

文・藤森みすず

【こちらの記事もおすすめ】
何が違う?クレカ、デビット、プリペイド
「セブンカード・プラス」申し込み方法
イオンカードのメリットは?
楽天カードの申し込みの流れを解説
ゴールドカードを持ったほうがお得な人
PREV PayPayは今なら10%還元!知らないと損するキャッシュレス活用法
NEXT ローソンPontaプラスのメリットとは?お得なポイントの貯め方とは

続きを読む






Feature