トクする
2020/04/12

イオンカードセレクトの魅力とは?イオンカードとの違いも解説

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
イオングループのクレジットカード「イオンカード」の一種である「イオンカードセレクト」。さまざまな機能が1枚に集約されていてなにかと便利なカードです。ただ機能やポイントの種類が多くて少々分かりづらいと感じる人もいるかもしれません。そこでここではイオンカードセレクトとはどのようなカードなのかについて分かりやすく解説します。

イオンカードセレクトとはイオン銀行発行のクレジットカード

(写真=PIXTA)

イオンカードセレクトとは、クレジット機能とイオン銀行のキャッシュカード機能が1枚にまとまった一体型のカードです。年会費無料でポイント還元率が0.5%という点は、イオンカードと同様。イオンカードセレクトには、電子マネーWAONの機能もついています。そのため、クレジット・電子マネーWAONどちらでもキャッシュレス決済が可能です。

キャッシュカードと一体型ではありますが、デビットカード機能はありません。また、イオン銀行のキャッシュカードとして作成するため、クレジット払いにおける利用代金の引き落とし口座は、イオン銀行固定です。ショッピング枠の他にキャッシング枠も追加できます。海外旅行で海外ATMを使いたいときには、海外でのキャッシングも可能です。

付帯サービスは、付帯保険として、イオンカードで購入した5,000円以上の商品を180日間補償するショッピングセーフティ保険と、カード盗難補償が無料で付帯されています。

>>「イオンカード(WAON一体型)」の詳細を見る(公式サイトへ)738748

イオンカードセレクトで貯まるポイントは3種類

(写真=PIXTA)

イオンカードセレクトでは、支払方法と支払う店舗の種類によって貯まるポイントが3種類に分かれます。

<ときめきポイント>
クレジット払いにすると付与されるポイントで「200円→1ポイント」が貯まります。

<WAON POINT>
WAON POINT加盟店で電子マネーWAON支払いにすると付与されるポイントで「200円→2ポイント」が貯まります。

<電子マネーWAONポイント>
WAON POINT加盟店以外の店舗で電子マネーWAON支払いにすると付与されるポイントで「200円→1ポイント」が貯まります。

イオンカードセレクトはイオンカードよりもポイントが貯まりやすい

(写真=PIXTA)

イオンカードセレクトは、イオン銀行と一体化しているため、イオン銀行の口座利用と連動したポイントが貯まりやすい点が大きな特徴です。イオン銀行の利用によって得られるポイントはいずれも電子マネーWAONポイントとなります。
  • WAONオートチャージで電子マネーWAONポイント2倍
  • イオン銀行口座からの公共料金振替1件につき電子マネーWAONポイント5ポイント付与
  • イオン銀行口座への給与振込1件につき電子マネーWAONポイント10ポイント付与
WAONオートチャージでは、通常電子マネーWAONで支払ったときのみ200円につき1ポイント付与となります。イオンカードセレクトの場合、WAONへのオートチャージ設定が可能でオートチャージ時にも200円で1ポイント付与され付与率は2倍となります。イオン銀行口座に対する公共料金振替や給与振込でも1件につき所定の電子マネーWAONが付与される点は、イオンカードにはないポイント獲得方法です。

>>「イオンカード(WAON一体型)」の詳細を見る(公式サイトへ)738748

イオンカードセレクトのお得な付帯サービス

(写真=PIXTA)

イオンカードセレクトのお得な付帯サービスは、ポイントを多く貯めることのできる特典です。イオンカードセレクトのクレジット払いを全国のイオングループの対象店舗で利用すると、いつでもときめきポイントは2倍、ポイント還元率は1.0%になります。イオングループの対象店舗は、イオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなどです。

毎月20日、30日の「お客さま感謝デー」では、全国のイオングループの対象店舗でイオンカードセレクトのクレジット払いで買い物をすると5%の割引も受けられます。また、イオンカードセレクト(ミニオンズ)には、オリジナル特典がある点も要チェックです。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以降USJ)で使うと、ときめきポイント10倍(税込み200円ごとに10ポイント)付与されます。

USJをよく利用する人は、イオンカードセレクト(ミニオンズ)を作っておくと、ときめきポイントが多く貯まるでしょう。

イオンカードからイオンカードセレクトへの切り替え時の注意点

(写真=PIXTA)

イオンカードをすでに持っていてイオンカードセレクトに魅力を感じている人はカード番号をそのままで切り替えることが可能です。ただし切り替えにはいくつかの制限事項があります。イオンカードで選んでいる国際ブランドをイオンカードセレクトで変更することはできません。イオンカードセレクトへ切り替える場合、同じ国際ブランドを選択することが必要です。

また、デザインも変更できません。「イオンカードではノーマルで、イオンカードセレクトはミニオンズにしたい」と考えてもその切り替えはできないこととなっています。

賢く利用、賢くポイントゲット

イオンカードセレクトは、イオン銀行のキャッシュカードとイオンカードのクレジット機能、そして電子マネーWAONのすべてが1枚にまとめられた一体型カードです。クレジット払いのときはときめきポイント、電子マネーWAONでの即時決済の場合、店舗によってWAON POINTまたは電子マネーWAONポイントのいずれかが付与されます。

通常ではポイント還元率は0.5%ですが、イオングループの対象店舗ならポイントが2倍となるためポイント還元率は1.0%です。イオン銀行の口座振替や給与振込などでも電子マネーWAONポイントが貯まる点は、イオンカードにはないメリットといえるでしょう。イオンカードセレクトを賢く利用してポイントをたくさん貯めてくださいね。

>>「イオンカード(WAON一体型)」の詳細を見る(公式サイトへ)738748

文・藤森みすず

【こちらの記事もおすすめ】
何が違う?クレカ、デビット、プリペイド
「セブンカード・プラス」申し込み方法
イオンカードのメリットは?
楽天カードの申し込みの流れを解説
ゴールドカードを持ったほうがお得な人
PREV ローソン銀行のメリットとは?口座開設から使い方まで徹底解説!
NEXT PayPay「春のグルメまつりキャンペーン」をお得に活用!4月も続々新規参入

続きを読む






Feature