トクする
2020/01/22

住宅ローン控除の確定申告、必要な書類や申告期限は?

(画像=Jirsak/Shutterstock.com)
(画像=Jirsak/Shutterstock.com)
住宅ローン控除を適用するための確定申告をすれば、払い過ぎた税金が還付されます。住宅を購入した人は、忘れずに確定申告をしましょう。住宅ローン控除を適用するための確定申告の手続きや必要書類、申告期限について分かりやすく解説します。

住宅ローン控除を適用するには確定申告が必要?

住宅ローン控除とは、住宅購入に際してローンを組んだ人が、所得税の優遇を受けられる制度です。控除される金額は、原則年末の住宅ローン残高に1%をかけた金額です。特例を除けば、住宅ローン控除が適用されるのは住宅購入後10年間です(消費税率10%が適用される住宅を購入して、2019年10月1日から2020年12月31日までの間に入居した場合は控除期間が3年間延長)。

住宅ローン控除を受けるためには、初年度は必ず確定申告をしなければなりません。ただし、サラリーマンなどの給与所得者は、初年度のみ確定申告すればその後は年末調整で住宅ローン控除を受けることができます。

住宅ローン控除を受けるための確定申告の必要書類

続いて、住宅ローン控除を適用するために必要な書類を紹介します。

住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書

借入れを行った金融機関から年末に郵送されてくる書類です。複数の金融機関から借入れを行っている場合、複数の年末残高証明書が必要です。

土地・家屋の登記事項証明書、請負契約書の写し、売買契約書の写しなど

土地・家屋の取得年月日・新築年月日、取得対価の金額が分かる書類が必要です。また、家屋の床面積が50平方メートル以上であることを確認できる必要があります。

認定長期優良住宅・低炭素建築物などの認定通知書の写し

新築・取得した住宅が認定長期優良住宅や低炭素建築物などに該当する場合、認定通知書が交付されているはずです。コピーでかまわないので、用意しておきましょう。

補助金の交付を受けている場合は補助金の金額を証する書類

住宅の新築や取得に際して補助金を受け取った場合、金額が確認できる書類を準備する必要があります。手元にない場合、早めに補助金の交付先に電話で相談し、書類を発送してもらいましょう。

住宅借入金等特別控除額の計算明細書

住宅ローン控除を適用するなら、確定申告書とは別に所定の様式に従った計算明細書を添付しなければなりません。計算明細書は税務署でもらえる他、国税庁のホームページからもダウンロードできます。
1 2
Page 1 of 2
PREV 「所得控除の額の合計額」って?源泉徴収票の読み方と税制の改正点
NEXT Amazonの買い物をdポイントで支払い!期間・用途限定ポイントも使える

続きを読む

Feature