トクする
2019/12/17

Amazonでのd払い設定方法。dポイントも貯まる・使える

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
大手通販サイトAmazonでの支払いに、2018年12月からd払いが使えるようになりました。d払いで支払うことでdポイントが貯まりますし、d払いユーザー限定のキャンペーンにも参加できます。Amazonをもっとお得に利用するための設定方法やポイントの貯め方について解説します。

Amazonでd払いができるのはドコモユーザーのみ

(写真=PIXTA)

Amazonでd払いを利用した分は「携帯決済」として携帯料金とあわせて引き落としすることになります。そのため、d払いを利用できるのはドコモユーザーのみ、しかもその支払方法は電話料金合算払いに限定されます。クレジットカード払いはできません。さらに、spモード(ドコモのスマホ用ネット接続サービス)の契約も必須となっています。

まずは自分がAmazonでのd払いを利用できる条件にあてはまっているのかどうか確認しましょう。

Amazonでのd払い設定方法

(写真=PIXTA)

Amazonでのd払いを開始するためには、初期設定が必要です。Amazonにログインして、メニュー画面を開きましょう。その後「アカウントサービス」→「お支払方法」と進むと、「新しいお支払方法を追加」という項目があります。

そこで「携帯決済(docomo)」を選択します。このとき、ドコモ回線の端末からのspモードでの接続が必須となっていますので注意しましょう。続行すると、spモードの4桁のパスワードを入力する画面が出てきますので、正しい数字を入力し、最後に「承認番号」が出てきたら設定完了です。

この設定をしておくと、次のお買い物からd払いが選べるようになります。ショッピングカートに商品を入れてお会計をするときに、支払い方法「docomo(携帯決済)」という表示が追加されているはずですので、それをタップして購入手続きを完了させましょう。

d払い時のポイント還元率は?

(写真=soi7studio/Shutterstock.com)

Amazonでd払いを利用すると、100円(税込)につき1ポイントのdポイントが貯まります。街なかのお店での利用だと200円(税込)につき1ポイントなので、同じ物が同じ値段で売っているならネットで買った方がお得ということですね。

さらに、時期によってはよりお得なキャンペーンが行われていることがあります。たとえば、2019年11月は「Amazonではじめてd払いを利用したら抽選で最大20%ポイント還元」や「金曜・土曜ならポイント3倍、最大6倍!d曜日キャンペーン」などを開催していました。

こうしたキャンペーンは事前にエントリーが必要なことがほとんどです。キャンペーン情報はd払いのサイトやアプリから確認できますので、しっかりdポイントを貯めたい方はこまめにチェックしておきましょう。

d払い時にdポイントを使うには

貯まったdポイントを1ポイント=1円として支払いに利用することもできます。期間・用途限定ポイントも使えますよ。ただ、それには初期設定とは別の設定が必要です。

ポイントを使うときの設定は、Amazonではなくdocomo側で行います。まずはdアカウントにログインしましょう。初期設定をしたときに届いたメールについているリンクやdocomoの利用明細、d払いやdポイントを管理できるdocomoのサイトからログイン画面に飛ぶことができます。

ログインしたら「充当方法の設定画面」というページがありますので、そこで「dポイントをすべて利用する」というところを選択して「内容を登録する」をタップすれば設定完了です。「期間・用途限定ポイントのみ利用する」を選ぶこともできます。最初の1回だけ設定しておけば、その後は今回選んだ方法が自動的に適用されますよ。

商品によってはd払いできないものも

(写真=Hadrian/Shutterstock.com)

Amazon内で販売されている商品は、電子書籍KindleのコンテンツやAmazonプライムの会員費なども含めて基本的にd払い可能です。ただ、以下の場合のような例外もあります。
  • Amazonギフト券の購入
  • Kindleコンテンツ以外のデジタルコンテンツ
  • Prime Nowの支払い
  • Amazonフレッシュの支払い
  • Amazon Pay利用の支払い
  • 定期おトク便の支払い
  • Kindleコンテンツ以外の1-Click注文の支払い
少々特殊な買い方をするケースではd払いができない場合もあるということを知っておきましょう。

d払いを使いこなして、お得にショッピング!

Amazonでdポイントが貯められるのはdocomoユーザーだけの特権です。せっかくdocomoのスマホを利用しているのであれば、うまく活用してお得にお買い物を楽しみましょう。最初の設定などが多少面倒に感じるかも知れませんが、基本のスマホ操作に慣れた方なら数分ですべて完了できます。

また、d払いは今、利用者を増やすためにAmazon以外にも使えるお店やショッピングサイトをどんどん増やしています。以前に「ここはd払いが使えない……。」と思っていたお店でも利用できるようになっていることもありますので、店頭の表示やd払いアプリなどで確認してみるとよいでしょう。

特にアプリは、そのとき実施しているキャンペーンや特別なポイントアップを実施中のお店なども一緒に確認できて便利ですよ。

「dカード」の詳細を見る(公式サイトへ)
「dカードGOLD」の詳細を見る(公式サイトへ)

文・馬場愛梨(ばばえりFP事務所 代表)

【こちらの記事もおすすめ】
dポイントの賢い貯め方3選
ポイントでお得なホテル4選
ポイントを貯めやすいジャンルとは?
ポイント投資でカンタン資産運用
みるみるポイントが貯まる4つの方法
PREV d払いとdカードでポイントをザクザク貯める方法
NEXT 個人事業主ができる節税対策6選 経費として落とせる意外な費用も

続きを読む

Feature