トクする
2019/12/09

家族で楽しむ株主優待5選 レジャーやテーマパーク、旅行など

(写真=Pitikorn Ingmaneekan/Shutterstock.com)
(写真=Pitikorn Ingmaneekan/Shutterstock.com)
ここ数年ブームになっているのが、株主優待を目的とした株式投資です。個人投資家からの高い人気に導入する企業も年々増え続け、2019年7月6日現在では実施企業は1,504社(マネックス証券株主優待検索数)に及びます。その中から、投資額が少なく、家族で楽しめる株主優待銘柄を5つご紹介します。

※投資額は2019年7月5日株価終値をもとに、100株投資した場合の金額です

テーマパーク:意外に安くて高利回り、サンリオ

(写真=ARTYOORAN/Shutterstock.com)

家族で楽しむ行楽地でまず思い浮かぶのがテーマパークでしょう。サンリオ<8136>の株主優待は、100株以上で、「サンリオピューロランド」「ハーモニーランド」の共通優待券3枚と、買い物優待券1,000円分がもらえます。サンリオピューロランドのパスポートが休日で3,800円(2019年10月より3,900円)ですので、優待券3枚で1万1,400円の価値があり、3月と9月の年2回で優待を受けると2万2,800円分になります。これに買い物優待券年間2,000円と配当金3,500円(100株換算、2020年3月期予想)を加えた総合利回りは11.7%となります。
  • 優待獲得投資額 24万2,500円(株価2,425円)
  • 権利確定月 3月・9月

旅行:自社ツアーとハウステンボスのダブル割引でお得な、エイチ・アイ・エス

(写真=Pitikorn Ingmaneekan/Shutterstock.com)

年1回は旅行に行きたいというご家族もあるでしょう。大手旅行会社、エイチ・アイ・エス<9603>の株主優待は、100株以上で、自社ツアーに利用できる2,000円相当の割引券と、「ハウステンボス」「ラグーナテンボス」の入場割引券がそれぞれ500円分もらえます。入場割引券1枚で5名まで有効のため、家族5人で利用した場合、両施設で5,000円分の割引となります。
  • 優待獲得投資額 27万9,500円(株価2,795円)
  • 権利確定月 4月・10月

レジャー:家族向けのお得優待、スパリゾートハワイアンズの常磐興産

(写真=Surat Kulapatana/Shutterstock.com)

東北復興の象徴的施設といわれるのが「スパリゾートハワイアンズ」です。運営する常磐興産<9675>の株主優待は、100株以上で、スパリゾートハワイアンズ無料入場券3枚、施設内ホテル宿泊割引券1枚、飲食10%割引券1枚、ゴルフコース割引券1枚(4名まで利用可)がもらえます。東京、新宿、池袋、横浜などから無料送迎バスも運行しているので、利用できれば交通費もほぼかからないため、極めて少ない費用でスパリゾートハワイアンズへの家族旅行が実現します。
  • 優待獲得投資額 16万7,200円(株価1,672円)
  • 権利確定月 3月・9月
1 2
Page 1 of 2
PREV 楽天カードと楽天ゴールドカード徹底比較!ゴールドが向いているのはどんな人?
NEXT PayPayの最新キャンペーン情報!お得にポイントゲットできる裏技も

続きを読む

Feature