トクする
2019/09/16

「体験型」株主優待がもらえる銘柄8選

工場見学系

最後に、子どもから大人まで楽しめる工場見学の優待がある銘柄を紹介します。

本田技研工業株式会社<7267>

日本を代表するバイクや自動車を中心とした総合的な自動車メーカーです。3月末時点で100株以上あれば、F1の聖地である鈴鹿サーキットと隣接するアミューズメント施設・ツインリンクもてぎの優待券が届きます。また、6月末時点で100株以上の保有株主は、工業見学やレースイベントへ、12月末時点で100株以上持っていれば、ファン感謝イベント「Enjoy Honda」へ応募可能です。

日本製鉄株式会社<5401>

2019年4月1日、新日鐵住金から現社名へ改名され、鉄鋼メーカーとして再スタートを切りました。基準日に1,000株以上保有していると製鉄所や製造所の見学会に、5,000株以上なら、鹿島アントラーズのJ1リーグ戦や紀尾井ホール演奏会でのコンサートへ抽選で招待されます。

株主になってサービス体験や会社見学を楽しもう

このように、体験型サービスを株主優待にしている企業では、自社商品やサービスを理解してもらいながら楽しく遊べるような内容になっています。コンサートやイベントへの招待、施設の入場券や割引などの株主優待制度を使ってお得にレジャーを楽しみましょう。

提供・ANA Financial Journal

※当サイトの情報の内容に関しては万全を期していますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねます。

【こちらの記事もおすすめ】
ふるさと納税の失敗を防ぐ3つのステップ
金運アップが期待できる都内の神社5選
注目の最新シェアリングサービス5選
年収300万円の会社員にできる3つの節税対策
マイルを貯める3つのポイント
1 2
Page 2 of 2
PREV 株主優待でお肉が堪能できる、おいしい銘柄8選
NEXT 長く持てば持つほど得する株もある「長期優待投資」とは?

続きを読む

Feature