トクする
2019/08/10

消費税増税の強い味方?次世代住宅ポイント制度とは

制度をお得に利用するには?

次世代住宅ポイント制度で注意しなければならないのが、2万ポイント以上から発行申請できるという点です。つまり、節水型トイレの設置(1.6万ポイント)や、掃除しやすいレンジフードへの取り換え工事(0.9万ポイント)などだけを行う場合、せっかくリフォーム工事をしても申請不可となる場合があるのです。

そのため、ポイントの少ないリフォーム工事を行う場合は、合計で2万ポイント以上になるように、まとめて施行するのがおすすめです。トイレをリフォームする際は、掃除しやすいトイレと手すりの同時リフォームで、1.8万ポイント+0.5万ポイント=2.3万ポイントとなります。玄関、水回り、段差解消など、住宅の複数箇所をこの機会にリフォームするのもいいでしょう。

制度を賢く使って消費税増税を乗り切ろう

住宅の建設に関する助成制度は複数ありますが、新しく始まる次世代住宅ポイント制度も上手に活用していきましょう。申請期間や申請条件が少し複雑なため、工期スケジュールと合わせて確認することが大切です。

提供・MORIZOU online

【こちらの記事もおすすめ】
消費税10%への増税は生活にどう影響する?
消費増税のメリットとは?家計へのいい影響
増税前に買ったほうが良いものとは?
消費増税はいつから?増税の基礎知識
10月から軽減税率スタート。予備知識
1 2
Page 2 of 2
PREV 海外資産とタックスヘイブン。国外に資産は移せる?
NEXT プチプラなのに何役もこなす優秀コスメ3選

続きを読む






Feature