トクする
2020/03/06

d払いとiD払いの違いをわかりやすく比較!お得なのはどっち?

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
「ドコモの決済サービス」と言えば「d払い」と「iD払い」。「聞いたことはあるけれど、違いがよくわからない…」という人もいるのでは?さまざまな決済サービスがある中、自分にとって使いやすい決済サービス選びと「お得」を見極めるために役立つ情報をわかりやすく比較ました。

d払いとiD払いって結局何ですか?

新しい決済サービスが続々と登場しています。同じサービス事業者から、複数の「決済サービス」が登場することもあり、「全然ついていけない…」と諦めてしまう人も増えているようです。

ドコモにも2018年4月からスタートした「d払い」と、2005年12月からサービス継続している「iD払い」があります。

「名前が似ているけど結局何が違うの?」と悩んでいる人に、それぞれのサービスの特徴と「自分だったらどちらを使う?」と考えるためのポイントをひとつずつ比較しました!

d払いとは?

d払いは、ネットはもちろん街のお店での買物時に、バーコードやQRコードを表示して読み取る「バーコード決済サービス」のことです。

d払いはクレジットカード(dカード含むVISA、Master、American Express、JCB)」のほかにも「電話料金合算払い」「ドコモ口座」「dポイント」残高からの充当が利用可能で、支払方法の選択肢がさらに広がっています。

iD払いとは?

すでに10年以上多くの人に利用されている「iD(アイディ)」は、ドコモが提供する「ケータイクレジットブランド」としてスタートしました。店舗でiD払い専用の読み取り端末におサイフケータイをかざすだけで、サインなしでクレジット決済を可能にしたことが画期的でした。

今ではドコモ回線ユーザーだけでなく、おサイフケータイ対応機種とApple Pay対応デバイスならポストペイ型・プリペイド型・デビット型を選んで使えるように進化しています。

◆年会費が「永年無料」、還元率1%の高還元クレジットカード
>>「dカード」の詳細を見る(公式サイトへ)

◆ドコモユーザー限定!ドコモ携帯とドコモ光のお支払いで10%還元
>>「dカードGOLD」の詳細を見る(公式サイトへ)

d払いとiD払いの使い方のメリット・デメリット

d払いとiD払いはともに「かざすだけ」で支払いができますが、その方法は少し異なります。それぞれの支払い方法とメリット・デメリットをご紹介します。

d払いの支払い方法

無料でダウンロードした「d払い」アプリにログインして、スマホに表示されるバーコードやQRコードをお店の人に読み取ってもらうか、お店の人に提示されたバーコードやQRコードをスマホで読み取って金額を入力して支払いをします。

【メリット】
スマホにロックをかけておけばアプリを開くことができないので、紛失時の不正利用を防ぐことができます。

【デメリット】
「アプリを開く」というひと手間が必要です。また画面が割れていたり、電源がオフの状態だったりした場合は使えません。

iD払いの支払い方法

「iD」マークがついているお店の専用端末に、おサイフケータイやiD搭載のクレジットカードをかざすことで決済できます(※ただし、スマホの電池切れの場合には利用できないこと、ネット決済には電波を受信できる環境が必要です)。

【メリット】
支払いの時電源をオフにしていても、電波の受信状況が悪くても支払いができます。

※iPhoneの場合は支払い時にTouch IDや、Face ID、パスコードによる本人認証を行うため、電源オフの状態では利用できません。

【デメリット】
かざすだけで決済ができてしまうのは手軽な反面、携帯を紛失した際に不正利用されるかもしれないというデメリットにもなります。

心配な時は「おサイフケータイロック」を設定しておきましょう。おサイフケータイロックは、おサイフケータイアプリから設定を行います。ロックをするとかざしても支払いができないため、自分でiD払いをする際には一旦ロックを解除してから支払います。

iPhoneの場合は前述したように、本人認証を行うため電源オフの状態では利用できないため紛失時の不正利用防止ができます。

◆年会費が「永年無料」、還元率1%の高還元クレジットカード
>>「dカード」の詳細を見る(公式サイトへ)

◆ドコモユーザー限定!ドコモ携帯とドコモ光のお支払いで10%還元
>>「dカードGOLD」の詳細を見る(公式サイトへ)

使えるお店はどっちが多い?

確認したいのは、「使えるお店の多さ」。自分のよく使うお店がどちらに対応しているかはとても重要ですよね。使えるお店のリストは随時更新されているので、ときどきチェックしてみるのがおすすめです!

d払いが使えるお店

d払いを使えるお店はホームページ上で公開されています。もちろん、これからもどんどん増える見込みです!2020年2月現在は、たとえば以下のお店で使えます。

郵便局、ビッグエコー、ガスト、フレッシュネスバーガー、ビッグカメラ、トイザらス、IKEA、ウエルシア、サミット、高島屋、ワコール・ザ・ストアなど

iD払いが使えるお店

「iD」が使える端末は2019年12月現在、なんと全国に106.4万台以上!いつものコンビニやお買い物はもちろん、大きなお札を出しにくいタクシー料金まで、全国で使われています。たとえば以下のお店で使えます。

ウエルシア、イオン、牛角、ガスト、マクドナルド、コメダ珈琲店、魚民、RIZAP、ドン・キホーテ、ビッグカメラ、紀伊國屋書店、TSUTAYA、富士急ハイランド、エネオス、成田空港など
PREV 還付金が最大50万円!知って得する住宅ローン控除の基礎知識
NEXT PayPayが高額キャッシュバックを頻繁に行う理由

続きを読む






Feature