トクする
2019/04/21

商品券を買うのに消費税はかかる?かからない?

(写真=Aleksej Antonuk/Shutterstock.com)
(写真=Aleksej Antonuk/Shutterstock.com)
商品券を買うのは、どんなタイミングでしょうか。贈り物に使うときは正規の販売店、自分用には少しでも安く手に入れるために金券ショップを利用することが多いのではないでしょうか。商品券を購入するときや贈り物の予算を考えるときに、ふと疑問に思うのが、消費税のこと。商品券を買うときに消費税はかかるのかどうかをご紹介します。

商品券に消費税はかかる?かからない?

(写真=wavebreakmedia/Shutterstock.com)

結論から言うと、商品券を購入するときに消費税はかかりません。「非課税」になります。

これはどのようなお店で購入しても同じなので、知っておくと安心ですね。正規の販売店でも、金券ショップでも消費税はかかりません。消費税を支払わなくていいと考えると、商品券はお得な買い物に感じますね。

例えば、1万円分のプレゼントを購入すると、8%の消費税800円を支払う必要があります。しかし、商品券をプレゼントに選ぶのであれば、消費税を払う必要がない点はうれしいですね。

商品券の購入時に消費税がかからないのはどうして?

(写真=KaptureHouse/Shutterstock.com)

理由は、二重に消費税を支払うことがないようにするためです。

もし、商品券に消費税がかかると、商品券を購入するときと商品券で商品を購入するときの、合わせて2回も消費税を支払うことになります。そのような二重課税を避けるために商品券には課税しないことになっています。

商品券を購入した人と商品を購入した人が別の人であっても、1つの商品に二重に消費税がかかっては不公平だという計らいです。

ネットや電話での購入は送料など他の料金がかかることに注意

(写真=wutzkohphoto/Shutterstock.com)

商品券を購入するときに消費税はかかりませんが、インターネットや電話で注文をして送ってもらうと「発送手数料」が発生します。この発送手数料には消費税がかかることも覚えておきたいですね。

ネットショッピングなどで送料無料に慣れていると、送料が負担に感じることもあるでしょう。発送手数料を節約するなら、街の販売店に買いに行く方法がおすすめです。

オンラインで商品券を購入するときの支払いには、一部を除いてクレジットカードが使えません。銀行振り込みか代金引換での購入になるため、銀行振込手数料や代引き手数料がかかります。他にも、贈答用のラッピングにも料金が発生するものがありますのでご注意ください。

以下に、インターネットで購入可能な商品券を手数料などとともにご紹介します。

JCBギフトカード

全国100万店以上のJCBギフトカード取扱店で利用できます。1,000円券と5,000円券があります。有効期限はなく、おつりは出ません。

発送手数料はインターネットでの注文で1ヵ所当たり432円(税込)、電話での注文で799円(税込)がかかります。JCBのクレジットカードでの支払い、または銀行振り込みが選べます。

包装は無料のカードケース、有料の紙箱100円(税込)、メッセージギフトケース150円(税込)の3種類があります。

三井住友カードVJAギフトカード

全国50万店以上の三井住友カードVJAギフトカード取扱店で利用できます。1,000円券と5,000円券があります。有効期限はなく、おつりは出ません。

発送手数料はインターネット・電話での注文で1ヵ所当たりギフトカード10枚以内:440円(税込)、ギフトカード11枚以上:540円(税込)がかかります。VJA、オムニカード協会加盟各社発行のVisaカード、Mastercardのクレジットカードでの支払い、または銀行振り込みが選べます。

包装は無料のカードケースと、有料のきり箱324円(税込)があります。

QUOカード

全国5万店以上のQUOカード取扱店で利用できます。300円券~1万円券があります。有効期限はなく、プリペイドカードタイプなのでカードの残高が減っていくシステムです。

発送手数料は600円~1,200円(税込)がかかります。支払いは銀行振り込みか代金引換になります。代引き手数料は324円~648円(税込)です。

包装は無料のカードケースと、有料のカードケース40円~108円(税込)があります。

Amazonギフト券

Amazonでのネットショッピングに使える商品券です。特徴は贈るスタイルがいろいろと選べること。大きく分けて、「デジタルのギフト券」と「手に取れる実物のギフト券」とがあり、インターネットから購入できます。Eメールタイプは15円~、カードタイプは1,000円~、商品券タイプは500円~。有効期限は購入してから10年です。

デジタルのギフト券は手軽にEメールで送ったり、自分で印刷して手渡したりすることができます。実物のギフト券はカードタイプと紙の商品券タイプがあり、送料も無料になっています。支払い方法は通常のAmazonでのショッピングと同じです。

包装の種類は封筒、グリーティングカード、缶のボックスなどがあります。カードタイプはコンビニエンスストアでも購入できます。

どこで買っても消費税がかからない商品券は、金券ショップで自分用に安く買うのも、贈り物に買うのも便利なアイテムですね。目的に合わせて、あなたにぴったりの商品券を選んでください。

文・奥野愉加子(美学のある暮らし代表)

【こちらの記事もおすすめ】
お金が貯まるコツ5つ
「いつもお金がない人」5つの行動
お金持ちの「貯まる特徴」3つ
お金を増やしたい人へ。3つの方法
財布選びで意識したい「風水」
PREV FPが解説。LINE Pay(ラインペイ)のマイカラーは意識しなくてもいい?
NEXT いまさら聞けない「過払い金請求」「グレーゾーン金利」とは

続きを読む