トクする
2020/08/31

少額融資が必要な時は?スマホ一つで借りられるサービス5選と自治体による少額融資

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

長引く新型コロナウイルスの影響もあり、数万円といった少額から借りられるサービスが注目を浴びています。

「次の給料日まで生活費があと少し足りない……」。という人のために、10万円までの少額のお金を借りるためのおすすめの方法をまとめました。

\少額なら「レイクALSA」がおトク/

少額融資アプリを選ぶ3つのポイント

少額融資サービスを比較するポイントは下記の3つです。

1. 審査のスピード

手っ取り早く現金を手にしたい、という人は審査スピードに着目しましょう。

お金を借りる時、避けては通れないのが「審査」です。

銀行が窓口になるサービスだと翌日以降の審査になるケースがほとんどですが、スマホで融資を受けられるサービスや消費者金融などであれば即日融資も可能です。

2. 無利息期間

少額融資を利用する際はできるだけ「無利息期間」があるサービスを選びましょう。

原則、借りる金額が少ないほど、金利は高くなります。どのサービスを利用したとしても、10万円程度の借入額であれば最高金利が適用される可能性は高いです。

しかし、ありがたいことに10万円以内の少額融資であれば、無利息期間を設けているサービスがほとんどです。「借りたお金を返済しきれない」という事態に陥らないためにも、できるだけ無利息期間の長いサービスを選ぶとよいでしょう。

3. 手続きの簡単さ

従来、お金を借りる際には金融機関へ来店したり、郵送で契約書を提出したりする必要がありました。

ところが最近ではWEBやスマホアプリで手続きが完結するサービスが増えており、お金を借りやすい環境が整っています。

少額融資サービスの種類とメリット・デメリット

「審査がスピーディー」「無利息期間がある」「手続きが簡単」という3つのポイントを考慮して少額融資を受けられるサービスをランキングすると、下記のようになります。

1位:スマホの少額融資サービス
2位:消費者金融カードローン
番外編:銀行カードローン
番外編:クレジットカードのキャッシング枠
番外編:自治体の支援

とにかくスピードを重視したい人は消費者金融のカードローンを、金利の低さを優先させるならスマホの少額融資サービスがおすすめでしょう。

銀行のカードローンは手続きがWEBで完結しないケースが多い点や、審査に時間がかかる点を考慮して今回は番外編となりました。ただ、金利が低い点は魅力的なので、スピードをそこまで重視しない人はぜひ検討しましょう。

スマホ一つで借りられるおすすめ少額融資5選

「審査がスピーディー」「無利息期間がある」「手続きが簡単」という3つのポイントを考慮した場合の、おすすめの少額融資サービスを5つ紹介します。

サービス名 おすすめポイント 審査スピード 無利息期間 実質年率

>申し込む
5万円以内の借入なら
180日間利息ゼロ
最短60分融資
最短30分審査 最大180日間 4.5%~18.0%
プロミス
>申し込む
最短1時間融資 最短30分審査 30日間
※初回のみ
4.5%~17.8%

>申し込む
1秒簡易審査 最短30分審査 30日間
※初回のみ
3.0%~18.0%
CREZIT(クレジット) 10万円まで
3ヶ月利息ゼロ
最短10分審査 3ヶ月間 0%~15%
LINE Pocket Money 100日間実質利息ゼロ 不明 100日間 3%~18%
サービス名 審査
スピード
無利息期間 実質
年率

>申し込む
最短30分 5万円以内なら
最大180日間
4.5~
18.0%
プロミス
>申し込む
最短30分 30日間
※初回のみ
4.5~
17.8%

>申し込む
最短30分 30日間
※初回のみ
3.0~
18.0%
CREZIT 最短10分 3ヶ月間
※10万円まで
0~
15%
LINE
Pocket
Money
不明 100日間 3~
18%

それぞれ詳しく見ていきましょう。

無利息期間60日「レイクASLSA」

ここから消費者金融のカードローンを3つご紹介します。おすすめの1つ目は新生銀行グループ傘下の「レイクALSA」で、業界トップクラスの審査スピードと、無利息期間の長さを両立している点が特徴です。

審査スピードは最短15秒で審査回答、最短60分で融資可能と業界トップクラスです。

さらにはじめての利用であれば借入額のうち5万円までは180日間無利息となっています。5万円以上を借りる場合でも、はじめての利用で、Web申し込みならば、借入額全額60日間無利息となります。

欠点を挙げるなら借入限度額が500万円までという点と、実質金利が4.5%~18.0%という点ですが、はじめての人で少額利用ならば無利息期間が長いことのほうがメリットが大きいでしょう。

▼レイクALSAのおすすめポイント
・はじめてなら5万円まで180日間無利息
・初回でweb申し込みなら全額60日間無利息
最短15秒で審査回答、最短60分で融資可能
・21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了で当日振込み可
・運転免許証とスマホだけで「スマート本人確認」あり

\「レイクALSA」詳細を公式サイトでチェック!/

最短1時間で融資可能な「プロミス」

プロミスは「三井住友フィナンシャルグループ」の100%子会社「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」が運営するカードローンです。

p>

初めての借入なら30日間利息ゼロというサービスもあるので、「給料日まであと1週間、何とかしのぎたい!」といったときにも便利です。グルメやレジャーがお得になる、プロミスカード会員限定の優待サービスなども利用できます。

▼プロミスのおすすめポイントまとめ
最短30分で審査回答、最短1時間で融資可能
・初回のみ30日間無利息
最高金利が他社よりも低い(他社は18%、プロミスは17.8%)。
・はじめての利用者に2000円分の三井住友VISAプリペイドをプレゼント

3項目を入力するだけで、プロミスで借入可能かすぐに結果がわかる「お借入シミュレーション」というツールも用意されています。気になる方はぜひチェックしてみましょう。
 

\「プロミス」詳細を公式サイトでチェック!/
プロミス

1秒の簡易診断あり「アイフル」

アイフルは、スマホアプリで申込むことができます。店舗やローン契約機に行かなくても手続きができますし、郵便物もありません。「SuLaLi(スラリ)」という女性専用のカードローンもあり、女性オペレーターが対応する専用デスクやおしゃれなカードが特徴です。

●アイフルのおすすめポイント
最短30分で審査
・9~21時なら、フリーダイヤルへ電話すれば急な融資に対応
・WEB契約時に「カードレス」「口座振替(自動引落)」を選択すればカードレス
・初回のみ最大30日間無利息
・実質金利は3.0%~18.0%
・借入限度額は800万円
 

チャットボットでの質問も受け付けていますし、誰かに相談しながら進めたい人にはうってつけ。事前に融資可能かどうかがわかる「1秒診断」というツールもあるので、気になる人はぜひチェックしてみるとよいでしょう。

\「アイフル」詳細を公式サイトでチェック/

 

無利息期間が3ヶ月と最長!「CREZIT(クレジット)」

 

 

スマホで少額融資、おすすめの1つ目はCREZIT。2019年設立のベンチャー企業Crezitが提供するサービスです。3ヶ月間金利0%で10万円を貸し出すサービスとなっており、申込が殺到し話題になりました。

最短10分で審査完了するスピード感も魅力。スマホ完結サービスなので利用明細等が自宅や職場に届くこともありません。無利息期間を過ぎた場合は利息がかかりますが、実質年利は最大15%と、消費者金融(18%程度)に比べて低く抑えられています。

欠点は10万円までしか借りられない点ですが、利用実績を積むことで、上限額も変化します。

▼CREZITおすすめポイント
・何回利用しても3ヶ月無利息
・スマホで手続きが完結、郵送物なし
・無利息期間が過ぎたとしても、最高金利が15%まで

LINEアプリて手続き完了「LINE Pocket Money」

 

 

スマホで少額融資、おすすめの2つ目は、トークアプリ「LINE」内で手続きが完結する「LINE Pocket Money」です。「LINE Score」という独自の信用スコアによって、借りられる上限額や金利が決まります。

契約日から100日目までに払った利息は全額キャッシュバックの対象となるため、実質、100日間金利がゼロです。

欠点は審査スピードが明らかにされていない点です。1~3日程度かかるという情報もありますが、一度、利用をしてみてスピード感が満足できなければ別のサービスも検討してみましょう。

▼LINE Pocket Moneyおすすめポイント
・何回利用しても100日間、実質利息ゼロ
・LINEアプリ内で手続きが完結

 

スマホ一つで借りられるおすすめ少額融資サービス5選
サービス名 おすすめポイント 審査スピード 無利息期間 実質年率

>申し込む
5万円まで
180日間利息ゼロ
最短60分融資
最短30分審査 180日間
※初回のみ
 5万円まで
4.5%~18.0%
プロミス
>申し込む
最短1時間融資 最短30分審査 30日間
※初回のみ
4.5%~17.8%

>申し込む
1秒簡易審査 最短30分審査 30日間
※初回のみ
3.0%~18.0%
CREZIT(クレジット) 10万円まで
3ヶ月利息ゼロ
最短10分審査 3ヶ月間 0%~15%
LINE Pocket Money 100日間実質利息ゼロ 不明 100日間 3%~18%
サービス名 審査
スピード
無利息期間 実質
年率

>申し込む
最短30分 180日間
※初回のみ
 5万円まで
4.5~
18.0%
プロミス
>申し込む
最短15秒 30日間
※初回のみ
4.5~
17.8%

>申し込む
最短30分 30日間
※初回のみ
3.0~
18.0%
CREZIT 最短10分 3ヶ月間
※10万円まで
0~
15%
LINE
Pocket
Money
不明 100日間 3~
18%

番外編:急ぎでないなら「銀行のカードローン」

銀行のカードローンは消費者金融に比べて金利が低い点が魅力である一方、無利息期間がなく、審査に時間がかかる点が欠点です。また、銀行口座の開設も基本的には必要となります。

住信SBIネット銀行であればWEBで手続きが完結しますが、その他の銀行だと郵送でカードを受け取るなどの手続きが必要なケースが多いです。

消費者金融やスマホの少額融資サービスがどうしても不安という人で、特に急いでいない人、なおかつ公務員や上場企業勤務の会社員など審査に自信のある人にはおすすめです。

・銀行のカードローン一覧

  金利 融資までにかかる期間 借入下限~上限
みずほ銀行 年2.0~14.0% 審査結果通知は
最短で翌営業日以降
10万~800万円
イオン銀行 年3.8~13.8% 審査は年中無休だが
結果通知は書類提出日次第。
手元にカードが届くまで
審査完了後5日程度。
10万~800万円
住信SBIネット銀行 年1.59~14.79% 10万~1,200万円
(10万円単位)


・みずほ銀行
みずほ銀行では、多目的ローンもカードローンも、みずほ銀行で住宅ローンを借りている方限定の金利優遇があります。カードローンは、みずほ銀行の口座があれば、そのキャッシュカードで利用できます(申込や審査は必要)。Web申込限定で最大30日間利息が無料になるキャンペーンもあります(2020年10月12日まで)。

・イオン銀行
イオン銀行の多目的ローンを利用するためには、イオン銀行の普通預金口座が必要です。カードローンはイオン銀行の口座を持っていなくても利用できますが、持っているほうが早く利用を開始できます。カードローンはイオン銀行のATMで借入ができるので、近所にイオンモールがある方は特に便利に使えるでしょう。

・住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行はその名のとおりネット銀行なので、多目的ローンもカードローンも申込手続きがWebで完結します。ローン専用カードや利用明細が送られてくることもありません。クレジットカード(ミライノカード/JCB)や住宅ローンの利用があれば、金利優遇を受けられます。

番外編:借りすぎに要注意!「クレジットカードのキャッシング」

クレジットカードを持っているなら、そのキャッシング枠を利用してお金を借りることもできます。

クレジットカードは、カードを手にした時点で審査が済んでいます。そのため、設定されたキャッシング枠の範囲内なら、すぐにでもお金を借りることができます(キャッシング枠が0円に設定されているカードもあるので確認しましょう)。

キャッシングやリボ払い、分割払いなど、クレジットカードには手元にお金がなくても買い物ができる機能がいろいろあって便利ですが、利用時の金利は年18.0%など、消費者金融系のカードローンよりも高いものが多いです。返済ができなくなって困ってしまう人もいますので、計画的に利用しましょう。

番外編:新型コロナウイルスの感染拡大で増えた「政府や自治体による少額融資」

 
(写真=PIXTA)


お金を貸してくれるのは、民間企業だけではありません。国や自治体の融資制度は民間企業と違って、収入が高すぎると利用できないものもあります。営利目的ではないので、利用条件さえ満たせば無金利もしくは低金利で融資を受けることができます。

このような制度は以前からありましたが、新型コロナウイルスの影響を受けた方のために対象範囲が広くなったり、増設・新設されたりした制度も多いです。早速チェックしてみましょう。

  対象者 金利 借入可能額 申込先
緊急小口資金 緊急かつ一時的に
生計の維持が困難
になった人
 無利子・
保証人不要
最大10万円
(新型コロナ関連等は
特例で最大20万円まで)
市区町村の
社会福祉協議会か
都道府県内の
労働金庫、
取扱郵便局
総合支援資金
(生活支援費)
生活が困窮し、
生活再建までの
一定期間お金が必要な人
保証人あり:無利子
保証人なし:年1.5%
(新型コロナ関連は
特例で保証人不要
で無利子)
単身:
月15万円まで
2人以上:
月20万円まで
(原則3ヵ月、
最長1年まで)
市区町村の
社会福祉協議会
東京都
母子福祉資金
父子福祉資金
都内在住で
20歳未満の子ども
を育てるひとり親
(就学・就職・結婚・
住宅など目的ごとに
制度が分かれている)
無利子
もしくは
保証人なし:年1%
(制度により異なる)

月数万円のものから
一度に数百万円借りられる
ものまである

(制度により異なる)

市役所や区役所


国が行っている支援策は、内閣官房のコロナ対策特設ページなどで調べられます。自治体が行っているものは、都道府県や市区町村のホームページや広報誌などに載っているはずです。

もしかしたら給付金など返済不要の支援策の対象になっていて、わざわざお金を借りる必要はないかもしれません。利用できる制度がないか、よく確認してみましょう。

少額融資は審査が甘いの? 

(写真=PIXTA)


お金を借りるときには、「審査」があります。審査とは、お金を貸す金融機関側が申込者について、お金を貸してもいい人なのか、貸したお金をきちんと返済してくれるかどうかを判断することです。審査では、借りる人の年収や勤務先、他社での借入状況、申込時に記入した情報などがチェックされます。

申込時に借入希望額を申告しますが、それが「10万円」の人も「100万円」の人も審査内容は同じです。ネット上には、「借入希望額を少なめに申告しておいたほうが審査に通りやすい」という情報もありますが、実はそんなことはありません。

ただし、総量規制というルールで「借りられるのは年収の3分の1まで」と決まっています。例えば年収200万円の人の場合、10万円なら借りられても100万円は借りられないということはあります。

お金がなくて困ったら、借りることも検討しよう


お金がなく、収入を増やすのも支出を減らすのも難しい場合は、「お金を借りる」ことを検討してみましょう。手軽なものや金利が低いものもあるので、よく比較して自分に合った方法を選びたいものです。

\カードローンの申込はこちら/
>アイフルの詳細をみる(公式サイト)
>SMBCモビットの詳細をみる(公式サイト)
>プロミスの詳細をみる(公式サイト)

馬場愛梨
自身が過去に「貧困女子」状態でつらい思いをしたことから、お金について猛勉強!銀行・保険・不動産などお金にまつわる業界での勤務を経て、独立。むずかしいと思われて避けられがち、でも大切なお金の話を、ゆるくほぐしてお伝えする仕事をしています。AFP資格保有。
自身が過去に「貧困女子」状態でつらい思いをしたことから、お金について猛勉強!銀行・保険・不動産などお金にまつわる業界での勤務を経て、独立。むずかしいと思われて避けられがち、でも大切なお金の話を、ゆるくほぐしてお伝えする仕事をしています。AFP資格保有。
 

【こちらの記事もおすすめ】
カードローンの審査に通りやすくするには?審査で見られる5つのポイントを確認
カードローンの金利はどう計算するの?金利の仕組みと利息の計算方法
カードローンの返済で損してるかも。返済総額が少なくなる返済方式をご紹介
カードローンの返済期間は完済期限なの?総返済額を減らすポイントとは
審査なしのカードローンはない!すぐお金が必要な場合の即日融資方法とは
なぜカードローンを借り換えるの?3つのメリットと借り換えを検討すべき人
カードローンのメリット・デメリットとは?上手に使いこなすためのポイントも解説
カードローンの審査に落ちたら?確認したい5つの原因と対処法の解説
銀行員に聞く!おすすめのカードローンランキング
PREV 「持続化給付金」をきっかけに、有意義なお金の使い方について考えた
NEXT カードローンの審査に落ちたら?確認したい5つの原因と対処法の解説









Feature

カードローン会社ランキング