トクする
2020/08/28

消費者金融のカードローンランキング!選び方やメリットとデメリットも解説

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

消費者金融のローンを利用しようと調べてみると「どれも似たような感じで選ぶのに迷う」という人は多いのではないでしょうか。消費者金融のカードローンは、即日融資や新規契約者向けのサービスで無利息期間を設けるなど、お金を借りやすくしているサービスが多い傾向です。今回は、消費者金融のカードローンを比較かつ利用しやすく人気の高いカードをランキング形式で紹介します。

消費者金融を選ぶときのポイントや他のカードローンとの違い、闇金との違いについてもまとめました。

消費者金融のカードローンランキング(2020年8月)


まずは、大手消費者金融のカードローンの総合ランキングを紹介します。以下にランキングの結果と、各カードの特徴についてもまとめました。

順位 カードローン名 金利 融資
スピード
無利息
期間
1 アイフル
>申し込む
3.0~
18.0%
即日 30日
2 レイクALSA
>申し込む
4.5~
18.0%
即日 60日
または
180日
3 プロミス
>申し込む
4.5~
17.8%
即日 30日
4 SMBC
モビット

>申し込む
3.0~
18.0%
即日 なし
5 アコム
>申し込む
3.0~
18.0%
即日 30日
6 アイフル『SuLaLi』 18.0% 即日 最大30日
7 プロミス
レディース

>申し込む 
 4.5~
17.8%
即日 30日
 

各消費者金融のカードローンの特徴について、順番に見ていきましょう。

アイフルの特徴

アイフルは、特定のターゲット層に向けたカードローンを用意している点が大きな特徴です。特定ターゲット層向けのカードローンには、利用限度額10万円と低めに設定した女性用のカードローン『SuLaLi』や事業性資金として使えるビジネスローンがあります。アイフルキャッシングローンであれば最大800万円まで利用可能です。

>アイフルの申込はこちら(公式サイト)

レイクALSAの特徴

レイクALSAは、無利息期間が他社に比べて非常に長い点が大きな特徴です。新規契約かつWeb申し込みの特典で契約額200万円までなら60日間無利息、または借入額5万円までなら180日間無利息となり、どちらかを選択します。

>レイクALSAの申込はこちら(公式サイト)

プロミスの特徴

プロミスは、カードローンとレディースキャッシングの2種類ある点が特徴です。レディースキャッシングの問い合わせ窓口のオペレーターも女性なので安心して質問できます。

>プロミスの申込はこちら(公式サイト)

アコムの特徴

アコムは、返済方式に「定率リボルビング方式」を採用しています。毎月の利用残高から一定割合の金額を約定金額として引き落とす方式です。

>アコムの申込はこちら(公式サイト)

SMBCモビットの特徴

SMBCグループの消費者金融です。三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の4行の口座を持っていればWeb完結で申し込みができて電話連絡なども一切ないため、バレずに借りることができます。

>SMBCモビットの申込はこちら(公式サイト)

消費者金融のカードローンを選ぶときのポイント

(写真=PIXTA)


消費者金融のカードローンを選ぶ際のポイントを5点にまとめて解説します。

金利はできる限り低い業者を選ぶ

金利が高いとどうしても返済分の利息の割合が多くなり元金の減りが遅くなるため、総支払額も増えてしまいます。契約時の極度額に応じて金利は変わることが一般的です。また、極度額が小さい契約では金利が高く極度額が大きい契約は金利が低くなります。金利負担を減らすためにもできるかぎり低い業者を選びましょう。

返済手段は豊富か

返済する手段は、豊富なほうが返済しやすく便利です。「24時間支払える方法があるか」「Webで支払えるか」は確認しましょう。特にWeb上で支払えると利便性がかなり違います。

初回無利息サービスがあるかどうか

新規契約時は、多くのカードローンで初回無利息サービスがついています。無利息期間は上手に活用したいため、できるかぎり初回無利息があるかについても確認してください。

返済方式の違いを確認

消費者金融のカードローンは、返済方式が少しずつ違います。残高スライド方式を採用しているカードローンは完済まで時間がかかるので、繰上返済も視野に入れるなど返済方式まで理解してカードローンを選びましょう。

家族など周囲の人にバレずに利用できるか

基本的にカードや契約書類などが郵送の場合は、家族にバレる可能性があります。しかし、「Webで申し込みを完結したりカードレスにしたりすれば郵送物一切なし」というカードローンが多い傾向です。自分が申し込もうとしているカードローンはどうなのかを確認しておきましょう。

WEB完結なら即日融資可能な アイフル がおすすめです。 以下をクリックして申し込みをしてみましょう。

消費者金融のカードローン審査ではどこをチェックする? 


消費者金融のカードローン審査では、どういう点をチェックするのかについて公開しているわけではありません。しかし、以下の3つのようなポイントは確実にチェックされるため押さえておきましょう。

個人信用情報機関に事故情報が登録されていないか

消費者金融に限らずクレジットやローンを利用する際は、必ず個人信用情報機関に事故情報が登録されていないかを確認します。長期延滞や債務整理など基本的には5年間記録されますが自己破産の場合は最長10年です。自分の個人信用情報は、個人信用情報機関に開示請求することで確認できます。手続き料金は1,000円程度なので申込前には確認しておくと良いでしょう。

他社を含めた総負債額と他社申込・借入・返済の状況

金融事故がない場合でも他社を含めた総負債額や借入・返済状況は個人信用情報の中に含まれているため確認可能です。申し込み状況は過去6ヵ月間記録されますが、短期間に多くの申し込みがあると「この人はお金に困っている」とみなされ審査通貨が難しくなると言われています。

総負債額が年収の3分の1以内に収まっているか

貸金業者である消費者金融のカードローンは、すべて総量規制の対象です。そのため他社を含めた総借入額と今回の申込額が年収の3分の1に収まっていない場合、借入額の減額や場合によっては融資自体を断られます。

WEB完結なら原則24時間振込可能な プロミス がおすすめです。 以下をクリックして申し込みをしてみましょう.
プロミス

消費者金融を利用するメリット


消費者金融を利用するメリットは主に2点あります。どういうメリットなのかを簡単に説明します。

即日融資など融資のスピードが速い

ほとんどの消費者金融では、審査スピードを上げて即日融資を可能としています。急ぎでお金を調達したい場合にはとても助かるでしょう。

利用限度枠の範囲内で何回も追加借り入れができる

消費者金融のカードローンは、基本的にどれも利用限度枠の範囲内で何度も追加借り入れができるようになっています。追加借り入れの年齢制限はありますが、70歳など高齢になってからのため、現役世代は問題ありません。

>レイクALSAの申込はこちら(公式サイト)
>アコムの申込はこちら(公式サイト)

消費者金融を利用するデメリット

(写真=PIXTA)


消費者金融のカードローンには、もちろんデメリットもあります。どのようなデメリットなのかについて解説します。

金利は高めでなかなか返済が進まない

消費者金融のカードローンは、基本的に上限金利ギリギリの設定をしています。銀行のカードローンに比べると金利が高く最初は利息の支払いも多くなるためなかなか返済が進みません。

貸金業者なので総量規制の対象

消費者金融を含む貸金業者は、貸金業法に基づき総量規制の対象です。銀行は貸金業者とは違うため、総量規制の制約は受けません。貸金業者に借りている金額の総合計が年収の3分の1以上にならないよう規制しているため、例えば年収200万円の人は約66万円が総借入額の上限です。

消費者金融のカードローンと銀行・信販・クレジット系キャッシングとの違い


銀行・信販・クレジット系キャッシングも消費者金融のカードローンと同じ金融サービスを提供しています。これらの金融サービスにはどのような違いがあるか比較してみました。

種別 総量規制
の対象
金利 借入
可能額
審査 ショッピング枠
消費者金融の
カードローン
なる 高め 大きい 標準的 会社による
銀行の
カードローン
ならない 低め 大きい 厳しめ なし
信販・クレジット系
キャッシング
なる 高め 小さい 標準的 あり

 

それぞれの特徴について簡単に説明します。

銀行カードローンの特徴

銀行のカードローンは、消費者金融に比べて比較的金利が低めですが審査は厳しい傾向です。似たような銀行の金融商品の「フリーローン」という商品もあります。しかし、こちらはカードローンとは異なりますので要注意です。フリーローンの金利は低いのですがカードローンよりも審査に時間がかかります。また、追加借り入れもできません。

このようにフリーローンは銀行のカードローンと異なる点が多いので、混同しないようにしましょう。

信販・クレジット系キャッシングの特徴

信販・クレジット系キャッシングは、「利用可能枠がカードローンに比べて小さく金利は高い」という点が大きな特徴です。また、クレジットカードには別途ショッピング枠が付帯しており、ショッピング枠とキャッシング枠で利用可能額を共有します。そのため、ショッピングの利用残高が多くなるとキャッシング枠が減ってしまう点には要注意です。

消費者金融は危険?サラ金、闇金との違い

(写真=PIXTA)

消費者金融はかつてサラ金(サラリーマン金融)と呼ばれていた時代がありました。つまりサラ金と消費者金融は同じ貸金業者を指しています。サラ金と呼ばれていた時代は、今よりも高い金利でお金を貸し付け取り立ても厳しい状態でした。しかし今では、貸金業法も改正されて上限金利が明確に定められたこともあり違法な取り立てもありません。

一方、闇金とは貸金業法で定められた登録をせずに法外な金利を設定してお金を貸す違法な貸金業者を指します。闇金の取り立ては厳しく返済不能に陥るほど高い利息に苦しむ人は少なくありません。闇金には決して手を出さないよう貸金業の登録番号がある業者を選ぶようにしましょう。

消費者金融のカードローン利用時のQ&A 


消費者金融のカードローンを利用する際、よくある質問について3点ほど解説します。

完済したらどうなる?

消費者金融で借りたお金を完済した場合、特別な手続きは必要ありません。ただ「もう借金をしたくないので解約をしたい」という場合は、消費者金融に連絡を入れて解約手続きを進めます。

契約時に来店は必要?

2020年現在では「契約時に来店が必須」という大手の消費者金融はありません。「Webから申し込みをする」「無人契約機を利用する」といった店頭以外で契約を進める方法を必ず用意しています。中小規模の消費者金融の場合は、来店が必要となる場合もあります。

返済期日に遅れた場合はどうなる?

遅れた日数分、遅延損害金として別途年利計算した金額を支払う必要があります。何度も返済期日に遅れる場合は「追加借り入れができなくなる」「一括返済を請求される」「個人信用情報機関に記録が残る」といったデメリットもあるため、返済期日には遅れないよう注意しましょう。

借りやすいけれど少し金利は高めの消費者金融、借りる前にしっかり確認を

消費者金融のカードローン、特に大手の消費者金融は、どこも無利息期間や即日融資などお金を借りたい人にとってはありがたいサービスを提供しています。そのため、サービス内容に大きな差はありません。ただ「返済方式や家族にもバレずに利用できるか」といった点では、サービスに差異があるので違いを見極めて自分に合った消費者金融のカードローンを選ぶようにしましょう。

消費者金融のカードローンは、どうしても金利が高めになるため、お金を借りる前に自分で返済できるかどうかを確認しておくことをおすすめします。

大手Slerにてシステムエンジニアを経験後、フリーランスのライターに。FX・保険・不動産・フィンテックなど、金融に関する記事を多く手掛ける。
 
大手Slerにてシステムエンジニアを経験後、フリーランスのライターに。FX・保険・不動産・フィンテックなど、金融に関する記事を多く手掛ける。
 

【こちらの記事もおすすめ】
カードローンの審査に通りやすくするには?審査で見られる5つのポイントを確認
カードローンの金利はどう計算するの?金利の仕組みと利息の計算方法
カードローンの返済で損してるかも。返済総額が少なくなる返済方式をご紹介
カードローンの返済期間は完済期限なの?総返済額を減らすポイントとは
審査なしのカードローンはない!すぐお金が必要な場合の即日融資方法とは
なぜカードローンを借り換えるの?3つのメリットと借り換えを検討すべき人
カードローンのメリット・デメリットとは?上手に使いこなすためのポイントも解説
カードローンの審査に落ちたら?確認したい5つの原因と対処法の解説
銀行員に聞く!おすすめのカードローンランキング
PREV 最もお得なキャンペーンは?キャッシュレス決済のキャンペーンを徹底比較
NEXT 借り換え可能なカードローンとおまとめローン徹底比較!金利や審査など総まとめ

続きを読む






Feature

カードローン会社ランキング