トクする
2020/08/07

カードローンの審査に通りやすくするには?審査で見られる5つのポイントを確認

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
急なケガや病気など、緊急にお金が必要なときがありますよね。手軽に資金を借りられる「カードローン」を利用すれば緊急資金に活用できますが、利用するには審査が必要です。どんな審査が行われるのでしょうか。

この記事では、カードローンの申込みでどんな審査が行われるか解説します。カードローンの審査に通りやすい方、また落ちやすい方についても解説します。

カードローンの審査はローン会社によって違いますので一概にはいえませんが、傾向はおさえられます。ぜひ参考にしてください。

カードローンとは?

(写真=PIXTA)

個人向け融資サービス

カードローンは、お金を借りたい個人にお金を貸し出すサービスです。コンビニATMやインターネットなどから手軽にお金を借りることができます。

利用にはローン会社の審査が必要で、審査を通過すればお金を借りることができます。借りたお金は利息を付けて返済しますが、銀行引き落としやコンビニATMなどから行うことができます。

クレジットカードのキャッシングとの違い

  限度額 金利 基本の返済方法
キャッシング 少ない 高い ・翌月一括払い
・リボルビング払い
(長期一定額の返済)
カードローン 多い キャッシングより低い傾向 リボルビング払い

似たようなサービスに、クレジットカードの付帯サービスである「キャッシング」があります。付帯してさえいれば追加申し込みなく、カードローンと同じように現金を引き出すことができます。

キャッシングとカードローンはよく似ていますが、利用限度額と金利、また返済方法に違いがあります。

一般的に、カードローンの方が利用限度額が多く、金利も低い傾向があります。返済方法も一定額を長期に渡って返済する「リボルビング払い」が一般的です。多くのお金を借りたい方、また長期利用したい方はカードローンを利用した方がよさそうですね。

ただし、金利や利用限度額は個人の審査状況によって違います。またローン会社ごとにも違いますので、一概にはいえません。あくまで参考程度に考えておきましょう。

カードローンの種類

種類 審査基準 金利 即日融資 融資限度の規制
銀行
カードローン
厳しい傾向 年1.5~14.6% 不可 自主的な規制
信販
カードローン
原則不可 年収の1/3まで
(総量規制)
消費者金融
カードローン
比較的通りやすい 年3.00~18.00% OK

カードローンには大きく「銀行カードローン」と「信販カードローン」、「消費者金融カードローン」があります。

主な特徴は上記の通りです。審査が厳しい傾向にあるのが銀行と信販で、消費者金融は審査に通りやすく、その代わり金利が高い傾向にあります。

カードローンのメリット・デメリット

メリット デメリット
限度枠内ならいつでも、
何度でも借り入れ可能
他の目的別ローンより
金利が高い傾向にある
利用、返済がATMでできる 返済が長期になり、返済総額が大きくなる
利用方法が限定されていない 他のローン審査に影響が出る可能性がある
返済額を一定にできる 借りすぎてしまう可能性がある

カードローンのメリットは利便性が高い点にあります。最初に設定する限度枠内なら何度でも借り入れることができ、コンビニのATMなどから簡単に借りられます。使い道も限定されていませんから、好きなことにお金を使うことができますよ。

返済はリボルビング払いが一般的で、借り入れを増やしても月の返済額は一定にすることができます。返済額が急増しませんから、「今月は返せないかも」ということは少なくなりそうです。

一方で、住宅ローンや自動車ローンなど、他の目的別ローンと比べると金利が高い点はデメリットです。また、返済が長期に渡ることで、返済総額が大きくなる可能性もあるでしょう。

カードローンは、メリットやデメリットをしっかり踏まえて利用しましょう。

\すぐにお金が必要な方/
おすすめのカードローン会社
カードローン会社 特徴  
・収入証明書類提出で最高10万円分のプレゼント当たる!
・初めての方限定!30日間金利0円!
・お申し込みからお借入までアプリで完結!
申込はこちら
・大手金融機関のSMBCグループのカードローン会社!
・ご返済の度に「Tポイント」が貯まる!
・LINEと連携するとさらにお得に!
申込はこちら
・新規ユーザーなら、初回借入日から30日間無利息!
・ジャパンネット銀行の口座を持っていなくても、同時申し込みが可能!
・「ネットキャッシングアプリ」を使えば、借入や返済管理もラクラク!
申込はこちら
・ガン保障特約付きプランも選択可能!
・提携ATM手数料は借り入れ・返済どちらも終日0円!
申込はこちら

カードローンには審査が必要。基本の流れ

(写真=PIXTA)

申込みは店頭や無人契約機、インターネットから

カードローンの申込み方法はいくつかあり、店頭や無人契約機、またはインターネットから申し込みます。郵送や電話で対応するカードローンもありますが、ここでは店頭や無人契約機、またインターネットから申し込む方法をご紹介します。

本人確認書類や収入証明書を提出

借り入れには本人確認書類の提出が求められます。運転免許証や健康保険証などを用意しましょう。

借入額やローン会社によっては収入証明書の提出が必要です。源泉徴収票や確定申告書など、所定の書類を用意し、ローン会社の求めに応じて提出しましょう。

勤務先に在籍確認の連絡がある可能性

すべてのカードローン申込みで行われるわけではありませんが、審査の過程でローン会社から勤務先へ「在籍確認」の電話がかかってくることがあります。

在籍確認の電話で職場にカードローンの利用が知られるのは少し嫌ですよね。在籍確認の電話は、基本的にローンの確認と周囲に知られないよう配慮がなされます。たとえば、ローン会社と名乗らない、要件を申込者以外に言わない、などです。

また、在籍確認はカードローンだけでなく、他のローンでも行われます。在籍確認の電話があっただけでは「カードローンの申込みをした」と判断できません。在籍確認を過度に心配する必要はないでしょう。
モビット

カードローンの審査で見られる5つのポイント

(写真=PIXTA)

信用情報

カードローンの審査で最も重要なポイントの1つが「信用情報」です。信用情報とは、これまでのローンやクレジットカード取引の履歴のことです。

信用情報は「信用情報機関」に登録されており、ローン会社は他社の取引であっても過去の取引履歴を確認することができます。

信用情報は返済が正しく行われてきたか確認する1つの証拠で、いわば個人の「信用度」です。ローン会社は信用情報を使い、「ローン申込者が正しく返済する人かどうか」の判断に利用しています。

他社の借入状況(総量規制について)

ローン会社は審査の際、申込者が現在どれくらいの借金をしているか確認します。

上述しましたが、カードローンの内、信販と消費者金融のカードローンは「総量規制」の対象で、年収の3分の1までしか資金を借りることができません。1社単位の規制ではなく、貸金業者全体で年収の3分の1までです。

銀行カードローンも、総量規制の対象ではないものの、同様の自主規制を行っています。規制を守るため、申込者が他社でどれくらい借金しているか確認する必要があるのです。

年収

年収は、総量規制などに対応するためでもありますが、そもそもローン申込者の返済能力を計る重要な要素です。カードローン審査で、ローン会社が重視する大切なポイントといえるでしょう。

カードローンを申込む場合、原則年収の申告が求められます。さらに総量規制では「①1社で50万円以上の申込み」「②複数社で100万円以上の申込み」で収入を証明する書類の提出が義務付けられており、銀行の自主規制も同様の取り組みが行われています。

カードローンの申込み金額

カードローンの申込み金額もチェックされるポイントです。申込み金額が大きいほど審査が厳しくなり、少額になるほど審査に通りやすくなります。

職業や雇用形態、勤続年数

職業や雇用形態、勤続年数もカードローン審査でチェックされます。安定的な収入を得ているかローン会社が判断する材料にしています。プロミス

カードローンの審査が通らない原因は?

(写真=PIXTA)

信用情報に傷がある

信用情報の傷とは「正しく返済が行われなかった記録」のことです。信用情報に傷があると、「返済能力に問題がある」とされ、ローン審査に通りにくくなります。

過去にローンやクレジットカード利用額などの返済が遅れる、あるいは自己破産や債務整理などを行うと、その旨が信用情報に登録されます。ローン会社は資金の回収ができなければ経営が立ち行きませんから、これらの傷がある申込者を避ける傾向にあります。

年収の3分の1以上の借り入れの申込み

年収が300万円の場合 新規の借り入れ可能額
すでにカードローンA社で
50万円の借り入れ
50万円
すでにカードローンA社で50万円、
B社で30万円の借り入れ
20万円
すでにカードローンA社で50万円、
B社で50万円の借り入れ
0

消費者金融と信販のカードローンは、総量規制により年収の3分の1以上の融資は受けられません。すでに他社で3分の1以上借り入れをしている、または3分の1を超えて新規の借り入れを受けようとする場合は審査に落ちる可能性が高いでしょう。

勤続年数が極端に短い

就職や転職したばかりなどの事情で、勤続年数が極端に短いとカードローンの審査に通りにくくなります。

ローン会社にとって、継続的な収入を得ているかは重要なポイントです。勤続年数が極端に短いと安定的な収入を得ているか判断が付かず、審査に落ちやすくなってしまいます。

カードローンの審査に通すために気をつけたいこと

(写真=PIXTA)

申し込み金額を少なめにする

カードローンは申し込み金額が少ないほど審査に通りやすくなります。ローンの審査に自信がないときは、申込み金額を少なくしてみるのも1つの手です。

カードローン会社からの連絡は必ず出る(特に在籍確認)

カードローン会社からなんらかの理由で電話連絡が来る可能性がありますが、その連絡には極力出るようにしましょう。

特にローン審査時の在籍確認は、ローン会社にとって申込者の申告内容が正しいか確かめる大切な作業です。在籍確認ができないとローン審査に通りにくくなってしまいますから、必ず出るようにしましょう。

良いクレヒス(クレジットヒストリー)を作る

「クレジットヒストリー(以下クレヒス)」とは信用情報のことです。ローンやクレジットカード利用の履歴のことで、これまで返済が正しく行われているか、ローン会社がカードローン審査で見る重要なポイントの1つでしたね。

クレヒスには正しく返済した履歴も記録されます。ローン会社にとって「返済能力のある」と判断できる情報で、カードローン審査に通りやすくなります。

クレジットカードや他のローンの返済をしている場合、遅れることなく確実に返済し、良いクレヒスを作りましょう。

おすすめのカードローン5社の金利状況

(写真=PIXTA)
 
  カードローンの種類 金利 即日融資
アイフル 
キャッシングローン
消費者金融 年3.0~18.0%
レイクALSA 消費者金融 年4.5~18.0%
楽天銀行スーパーローン 銀行 年1.9~14.5% ×
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
銀行 年1.8~14.6% ×
オリックス・クレジット
VIPローンカード
信販 年1.7~14.5%

おすすめのカードローンを5つまとめてみました。消費者金融は金利が高い傾向にありますが、即日融資ができる点がメリットです。

銀行と信販は金利が低めに設定されていますが、カードローンの審査は消費者金融より厳しい傾向にあります。また、原則即日融資はできませんので、余裕を持った申込みに向いているでしょう。

なお、信販の「オリックス・クレジット VIPローンカード」は即日融資に対応しているようです。

■提携ATM手数料は借り入れ・返済どちらも終日0円!
>>オリックス銀行カードローンの申込はこちら

カードローンの審査は正確な情報を伝えましょう

(写真=PIXTA)

カードローンの審査はローン会社ごとに違い、その詳細は公開されていません。ただ、返済能力について問われているのは間違いないでしょう。

カードローン審査では、ローン会社は信用情報を照会します。信用情報には他社の借り入れ状況や過去の返済状況が登録されており、ローン申込者の返済能力を判断する材料にしています。

信用情報には勤務先などの情報も登録されています。カードローンの申込みでは、年収や勤務先などの情報は正確に伝えましょう。
 
文・
所属・ファイナンシャルプランナー
証券会社で個人向け営業を経験し、その後ファイナンシャルプランナーとして独立。金融商品仲介業、保険募集代理業、金融系ライターとして活動しています。 関心のあるジャンルは資産運用や保険、またお得なポイントサービスなど。お金にまつわることなら幅広くカバーし、発信しています。AFP、プライベートバンキング・コーディネーター資格保有


【こちらの記事もおすすめ】
カードローンの審査に通りやすくするには?審査で見られる5つのポイントを確認
カードローンの金利はどう計算するの?金利の仕組みと利息の計算方法
カードローンの返済で損してるかも。返済総額が少なくなる返済方式をご紹介
カードローンの返済期間は完済期限なの?総返済額を減らすポイントとは
審査なしのカードローンはない!すぐお金が必要な場合の即日融資方法とは
なぜカードローンを借り換えるの?3つのメリットと借り換えを検討すべき人
カードローンのメリット・デメリットとは?上手に使いこなすためのポイントも解説
カードローンの審査に落ちたら?確認したい5つの原因と対処法の解説
銀行員に聞く!おすすめのカードローンランキング
PREV カードローンの金利はどう計算するの?金利の仕組みと利息の計算方法
NEXT クレジットカードでマイルを貯めたい!マイル還元率1%以上は?

続きを読む






Feature

カードローン会社ランキング