トクする
2018/06/03

ポイント好きなら常識。みるみるポイントが貯まる4つの方法

(写真=Bluehousestudio/Shutterstock.com)
(写真=Bluehousestudio/Shutterstock.com)
貯まったポイントで、お得にお買い物が楽しめるポイントカード。今回は、ポイント好きな人なら常識の効率よくポイントが貯まる方法を4つ紹介します。

固定費は口座引き落としからクレジットカード払いへ

水道代やガス代などの固定費は、クレジットカード払いにすることで毎月ポイントの還元を受けることが可能です。例えば、5万円の固定費を還元率1.2%のカードで1年支払い続けた場合、年間で7,200円分のポイントを獲得できます。金額の大きい固定費は獲得できるポイント数も高くなるためお得ですね。

共通ポイントカードを作成しよう

共通ポイントとは、異なる種類のお店で利用できる共通のポイントのことで、楽天スーパーポイントやTポイント、dポイントなどが有名です。共通ポイントは、他のお店で貯めたポイントと合算したり、他店で使用したりすることができます。共通ポイントを導入しているお店も増えているため、持っておくと効率よく貯められるでしょう。

ポイントをダブルでもらう

通常、提示するとその買い物金額に応じてポイントが付きますが、クレジットカード払いすることでさらにポイントをもらえることがあります。これはポイント「二重取り」とも呼ばれ、ポイント好きなら基本中の基本です。クレジットカードのポイントとお店のポイントの両方を獲得することができます。支払い方法を変えるだけでポイントを増やせる、お得な方法といえるでしょう。

アプリを利用してポイントを簡単管理

せっかく貯めたポイントが期限切れしていた……なんて悲しい事態は避けたいですね。そんなときに役立つのがアプリです。ポイントをアプリ内で管理できるものや、提携しているお店で画面を見せるだけでポイントがもらえるものなど、さまざまなアプリがあります。たくさんのポイントカードを持っている人でも、アプリがあれば管理が簡単になるでしょう。

普段利用しているポイントも、活用方法を見直すだけでよりお得に貯めることができるかもしれません。今回紹介した4つのテクニックを参考に、賢くポイントを貯めましょう!

文・万代未希(ファイナンシャル・プランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
せこくない、苦しくない、続く「節約術」まとめ
これで10%オフ!デパコスのオトクな買い方3選
免税店でさらにお得に買い物する3つの裏ワザ
イオン系列の株主優待「徹底活用術」生活費を浮かせる3つのポイント
えっ、知らないの?ヨーロッパでオトクに買い物できる「デタックス」活用法
PREV Amazonのヘビーユーザーが勧めるクレジットカードはどれ? ポイント還元率に差あり
NEXT シェアに月2万5000円。現代キャリア女性の「ものを持たない暮らし」

続きを読む