トクする
2018/05/25

「貯まる美魔女」が実践する美容コスト節約術

(写真=Tom Wang/Shutterstock.com)
(写真=Tom Wang/Shutterstock.com)
年齢を重ねるごとにかさんでいく美容代。しかし、将来を考えると美容ばかりにお金をかけるのは厳しいところですよね。年々肌の悩みが増えていくなかでも、きれいを保ちつつ上手に節約する方法を取り入れましょう。

必要なのは化粧水とクリーム、優先順位を理解する

化粧水、乳液、クリーム、美容液、アイクリーム、導入美容液……基礎化粧品には実に多くのアイテムがあり、フルラインでそろえたいと思う人もいるでしょう。しかし、必ずしもあなたの肌はすべてを必要としているわけではないかもしれません。

スキンケアの基本は保湿。まずは化粧水とクリームによる基本的なお手入れをしっかりと行ったうえで、必要性を感じるものだけ追加していくことをおすすめします。

価格よりもテクニック、塗り方次第で保湿力は変わる

肌の悩みが増えるごとに、エイジングケアの高価なアイテムが気になってきますよね。しかし、「貯まる美魔女」は、高価なものを使わずとも、「塗り方・使い方」によって効果を高める工夫をしています。

例えば、化粧水は少量ずつ手に取り、肌を包み込むようにやさしく与えてください。肌がうるおいで満たされるまで繰り返すことが大切です。
スキンケアを雑に済ませると肌になじまず乾燥しやすくなりがちです。しかし、丁寧にしっかりなじませると長時間うるおいが続きます。

そして、水分を逃さないよう、すぐにクリームを塗りましょう。シワがある部分は引きのばしながらムラなく塗ります。乾燥しがちな目元やほうれい線には、もう一度重ねてみてください。これだけで保湿力がグンとアップしますよ。

白色ワセリンを活用する

乾燥がひどいときや肌の調子が悪いときに、高機能なアイテムでなんとかしようとしていませんか?

肌の状態を落ち着かせたいときは、白色ワセリンのようなワセリンを原料としたアイテムがおすすめです。ドラッグストアで低価格で販売されているので、一つ持っておくと便利でしょう。

ワセリンは皮膚の表面を覆って水分の蒸発を防いでくれるので、肌にうるおいを閉じ込めることができます。また、ワセリンを唇に塗ってから空気穴を空けたラップで覆うと、唇パック効果でぷるぷるに。リップケアとしても優秀です。

低コストで簡単エイジングケア

エイジングケアといっても、やはり大切なのは保湿です。肌にあった化粧水やクリームで丁寧にお手入れをすることが、美肌への何よりの近道になります。身近なコスメを上手に活用して、うるおいに満ちた肌をキープしてくださいね。

文・古賀令奈

【こちらの記事もおすすめ】
お金が貯まる5つのコツ。「貯蓄1,000万円」も夢じゃない
「いつもお金がない人」に共通する5つの行動と口ぐせとは?
お金持ちの「貯まる特徴」3つ 最も大切なのは?
お金を増やしたい人へ。専門家がおすすめするベスト3の方法とは?
お金を貯めたいなら財布選びで意識したい「風水」
PREV 夏にうれしい「ふるさと納税」返礼品5選 ビール、野菜ジェラートほか
NEXT 不況時は口紅が売れる「リップスティック指数」ほか、一風変わった経済指数7選

続きを読む






Feature