胎動が強いと男の子? 弱いと女の子?

【医師監修】胎動はいつからどんな風に感じる? 赤ちゃんは胎内で何をしているの? 注意点も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

「胎動が強いと男の子」という話はよく聞きますが、これには医学的根拠はなにひとつありません。胎動の感じやすさには個人差があるため、一概に胎動の強い弱いを判断することができないのです。また、胎動が少ないから元気のない子なのではないか、などと心配する必要もありません。ママが嬉しい時、楽しい時、リラックスしている時は赤ちゃんも元気に動くので余計な心配はせず、できるだけ落ち着いた気分で過ごすように心掛けてくださいね。

パパも胎動を感じるにはどうしたらいい?

【医師監修】胎動はいつからどんな風に感じる? 赤ちゃんは胎内で何をしているの? 注意点も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

パパにも胎動を感じさせてあげたいけど、パパが触ると急に胎動が止まってしまうこともあります。パパが触ると胎動が止まる原因は、手の温度の違いや慣れない声が聞こえた時に赤ちゃんがビックリする、などがあるかもしれません。パパが胎動を感じやすくするためには、パパが日ごろから話しかけたり、ママのお腹をなでたりして、赤ちゃんに慣れてもらうことが大切です。何度もチャレンジしているうちにきっと胎動を感じることができるようになりますよ。

パパがそばにいる時に赤ちゃんがなかなか動いでくれない時は、お腹の赤ちゃんの聴診グッズも試してみるといいですよ。お腹の赤ちゃんの心音を聞くことができるのでママのお腹に赤ちゃんがいることを実感したいパパにはおすすめです。

胎動が急に弱くなる、感じなくなったら注意!

【医師監修】胎動はいつからどんな風に感じる? 赤ちゃんは胎内で何をしているの? 注意点も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

胎動を感じにくい人や胎動が少ない赤ちゃんがいるのは事実ですが、胎動が急に弱くなったり、全く感じなくなったりするのには注意が必要なことがあります。出血や腹痛があり、胎動が減った時は必ずかかりつけの病院に連絡をしましょう。ママが仕事中や忙しく外出・家事をしている時は胎動を感じにくくなることがあります。1時間ずっと胎動が感じられなかったら、出来るだけリラックスできる体勢をとって休憩するようにしましょう。休憩していても1時間全く胎動を感じなければ、受診すべきかかかりつけの病院に確認しましょう。
胎動を確認する方法には、ある一定時間内に感じた胎動数を記載させる方法と胎動を10回感じるのに要した時間を記載させる方法とがあります。

まとめ

【医師監修】胎動はいつからどんな風に感じる? 赤ちゃんは胎内で何をしているの? 注意点も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

ママのなかでも胎動を感じやすい人・感じにくい人はいますし、夜中ママを起こすくらい激しく動く赤ちゃんもいれば比較的おとなしい赤ちゃんもいます。胎動は赤ちゃんが元気でいてくれる証拠。出産して赤ちゃんと触れ合えるのも楽しいけれど、胎動は妊娠中にしか感じられない一体感かもしれません。時にはゆっくりリラックス出来る時間を作って胎動を感じる時間を作ってもよいかもしれません。日々「元気にしてるよ!」という赤ちゃんからのお便りを感じながら幸せなマタニティライフをお過ごし下さい。


提供・はいチーズ!clip

【こちらの記事も読まれています】
【2020年最新】簡単ハーフアップのやり方 髪型別おすすめアレンジ14選
韓国の子供服がインスタで人気! 【2020年最新版】おすすめ子供服の通販12選 
マスクの簡単な作り方を解説! 100均の材料で手作りできるマスクや縫わないハンカチマスクも紹介
幼児食はいつから? 食べられない食材は? 楽しい食事のポイントは?
STEAM(スティーム)教育とは? STEAM教育の導入で日本はどう変わる?