人とは違う、自分もいい。
My Life「私たちの選択」

結婚する? 子どもを持つ? 仕事はどうする? 現代女性の人生は、選択の連続。そこで本特集では、自分らしく生きる女性たちの「選択ヒストリー」と「ワークライフ」を紹介します

働き方も生き方も、多様な選択肢が広がる時代。「幸せ」のかたちも、人それぞれ違うはず。

でも、「○○でこそ幸せ」「○○がないと不幸せ」という一般論に流されてしまったり、周囲の目や他人からの評価が気になってしまったり。自分らしい選択ができなくなってしまっている人も多いはず。

2022年4月~5月、Woman typeで掲載してきた特集『My life「私たちの選択」』には、働き方や生き方について「自分らしい選択ができる自分」になるためのヒントを与えてくれる9人が登場。

人とは違う、自分もいいーー。今日から新しいワークライフを始めてみませんか?

1. 働く女性の結婚と幸せ【幸福学×生命科学研究者】

人とは違う、自分もいい。「自分らしい選択ができる自分」になるための8つのヒント【特集:My Life「私たちの選択」まとめ】
(画像=『Woman type』より引用)

2018年時点の未婚率は25~29歳女性で63.3%、30~34歳女性で35.6%、50歳時点で一度も結婚をしたことがない女性は約2割と、「結婚しない」生き方もそう珍しいものではなくなった。

結婚せずとも幸せに生きられる今、結婚をする理由は何だろう。結婚することでより幸せな人生を歩むにはどうしたらいいのか。

幸福学の研究者・前野隆司さんと生命科学者で起業家の高橋祥子さんに、「働く女性の結婚と幸せ」をテーマに話を聞いてみた。

▼記事はこちら
「運命の人は主体的につくるもの」幸福学×生命科学研究者に聞く働く女性の結婚と幸せ【前野隆司×ジーンクエスト高橋祥子】

2. 「子どもを持たない」という選択【澤奈緒】

人とは違う、自分もいい。「自分らしい選択ができる自分」になるための8つのヒント【特集:My Life「私たちの選択」まとめ】
(画像=『Woman type』より引用)

世の中には「結婚して、子どもを産み、育てる」女性の話がたくさんある。一方、「結婚して、子どもを持たない」ことを自ら選んだ女性の体験談は少ない。

「私は子どもを持たない選択をしたことを、全く後悔していません」

そう話すのは、「心の解放」をテーマに創作活動をする造形作家の澤奈緒さん。

「プレゼンの神様」と呼ばれる澤円さんと30歳で結婚した時から「子どもは持たない」と決めていたという。その決断から現在に至るまでの過程には、どのような思いがあったのだろうか。

▼記事はこちら
「うちらに子どもはいらないね」ずっと二人で生きていくと決めた夫婦の“足るを知る”生き方

3. 「不妊治療をやめる」という選択【漫画家 海原こうめ】

人とは違う、自分もいい。「自分らしい選択ができる自分」になるための8つのヒント【特集:My Life「私たちの選択」まとめ】
(画像=『Woman type』より引用)

不妊治療にまつわる体験を赤裸々につづった人気ブログ「妊活は忍活?! アラフォー不妊治療体験記」をもとに、『私が不妊治療をやめたわけ』(イースト・プレス)を出版した漫画家・海原こうめさん。

36歳で「なし崩し的に」始まった不妊治療は5年間におよび、その間にはキャリアチェンジや夫婦の葛藤など、さまざまな壁を乗り越えてきたという。

ただ、海原さんは不妊治療で期待する結果を得られなかった。そして、不妊治療をやめる決断をした。

「希望通りではない人生」を彼女はどのように受け入れ、生きることにしたのだろうか。

不妊治療をやめたからこそ感じること、得られたものについて聞いた。

▼記事はこちら
5年で500万円以上…お金も時間も費やした「不妊治療をやめる決断」で得たもの

4. 「特別養子縁組で子を持つ」という選択【瀬奈じゅん】

人とは違う、自分もいい。「自分らしい選択ができる自分」になるための8つのヒント【特集:My Life「私たちの選択」まとめ】
(画像=『Woman type』より引用)

過去に2年間の不妊治療を経験した宝塚歌劇団の元トップスターで女優の瀬奈じゅんさん。

その過程で「産むこと」がゴールになっていることに違和感を抱き、「自分が望む幸せな家族とは何か」という問いに立ち返ったという。

結果、瀬奈さんがとったのは、特別養子縁組によって子どもを迎えるという選択だった。

「以前も今も、思い描いていた家族像は変わらない」と語る瀬奈さんに、その選択が彼女にもたらしたものを聞いた。

▼記事はこちら
「血のつながりは重要じゃない」産めなかった私が特別養子縁組で気付いた“一つじゃない”家族と幸せのカタチ