ハワイでは3月25日から4月30日まで、新型コロナウィルスCOVID-19の感染拡大防止のため、自宅待機令が出されています。

ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)を守ることを条件に、散歩やジョギング、サーフィンなどの軽い運動は許可されていますが、日本とは違って違反者には罰金や罰則が適用されます。

ハワイ州の新型コロナウィルス事情

参照:ハワイ州保健局HP

ハワイ州保健局によると、新型コロナウィルスの2月28日からの現状は、感染者数517人、死亡者9人、回復者は333人。

島ごとでは、オアフ島358人、ハワイ島41人、マウイ島86人、カウアイ島21人、モロカイ島2人、ラナイ島は0人です。(2020年4月14日正午12時現在)

感染者数が減った日もありましたが、翌日には再び増えてしまいました。

参照:ハワイ州保健局HP

ハワイ州の拡大防止策 【自宅待機】

参照:Tori Richard

自宅待機令違反は、$5,000以下の罰金か1年以内の禁固刑、またはその両方となっています。

違反者や警告を受ける人が絶えないため、4月7日に取締りが強化されました。
また、4月10日金曜日から12日日曜日のイースター休暇期間中、ホノルル市とマウイ郡では、23時から5時まで夜間外出禁止令が発令されました。

オアフ島ホノルルのコールドウェル市長は、布製マスクの着用を呼びかけました。
ハワイでもすでにマスクは品薄となっているため、日本と同じく手作りする人もいれば、様々なショップが布製マスクを販売しています。