妊活に使うことが多い排卵検査薬は、使うタイミングや使い方によっては正しい判定ができません。薬剤師がいないと買えないの? 排卵検査薬の使用方法や注意点、おすすめ&人気の日本製商品を紹介します。

排卵検査薬とは?

【排卵検査薬のおすすめ5選】排卵検査薬はいつから使用する? 日本製と海外製の違いは?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

排卵検査薬とは、女性が最も妊娠しやすい時期を判定してくれる検査薬です。妊娠しやすい時期は排卵の前後ですが、排卵がいつ起こるかを正確に判断するのは難しいです。排卵検査薬を使用すると「これから排卵がある」という予測ができるため、妊娠するタイミングをとりやすくなります。

排卵検査薬の検査方法

【排卵検査薬のおすすめ5選】排卵検査薬はいつから使用する? 日本製と海外製の違いは?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

市販されている排卵検査薬は、スティックタイプ状の検査薬に、直接尿を5〜10秒程かけるだけの簡単な検査です。排卵日前後の尿に含まれる黄体形成ホルモンの濃さを測ることで、排卵日を予測します。
より妊娠の可能性を高めるには、排卵検査薬で陽性の反応が出たときに、なるべく早めに、そして続けて複数回の性交渉を試みる試みるといいでしょう。

排卵検査薬の購入は薬剤師からの説明が必須

【排卵検査薬のおすすめ5選】排卵検査薬はいつから使用する? 日本製と海外製の違いは?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

排卵検査薬は2016年まで医療用医薬品に分類されていたため、一般の人が購入するには難しくネットで並行輸入品などを購入する人が後を絶ちませんでした。しかし2016年9月に「第1類医薬品」に分類され、ドラッグストアや薬局で購入できるようになりました。ただし妊娠検査薬などの「第2類医薬品」とは異なり、薬剤師の説明が義務付けられているため、薬剤師のいないドラッグストアなどでは購入できません。このため、店頭で排卵検査薬を探しても見つからないことがあります。またインターネットでも購入できますが、必ず既往歴など薬剤師とのやりとりが発生し、承認されないと購入することができないので注意しましょう。

排卵検査薬はいつから使うの?

【排卵検査薬のおすすめ5選】排卵検査薬はいつから使用する? 日本製と海外製の違いは?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

排卵検査薬を使うタイミングは、生理予定日の17日前からとされています。ただし生理周期が不規則な人は排卵日が予測しにくいため、排卵日検査薬を使用しても正しく計測できない場合があります。生理不順がある人は、一度専門の婦人科に相談してください。生理周期を安定させることや、その他婦人科系の病気が隠れていないかチェックしてもらう必要があります。