「職場の同僚と距離が縮まらない……」「夫婦同士、考えの違いが増えてきたかも……」

そんな人間関係の悩みを抱えている女性も多いのでは?

下記、『女の転職type』が実施したアンケート調査で、女性の転職理由の第3位に「人間関係をよくしたい」という回答がランクインしていたことからも分かる通り、いろいろな人が集まる職場では人間関係のトラブルが起こりがち。

◆転職したいと思った理由は?

職場も家庭もコツは同じ? 共働き女性が実践する「良好な人間関係」の築き方【アンケート調査】
(画像=データで知る「女性と仕事」、『Woman type』より引用)

さらに、一緒に暮らすパートナーとの関係にも満足できていないとなれば、ストレスはどんどんたまる一方……。

ですが、職場の同僚はもちろん、夫婦でさえも、元をたどれば赤の他人。良好な関係性を築くためには、それなりの工夫が必要なのかもしれません。

そこで今回、Woman typeでは20~30代の働く既婚女性にアンケートを実施。家庭・職場それぞれの人間関係に対する満足度や、良い関係性を築くための工夫を聞きました!

Q.1 家庭・職場の人間関係に満足してる?

職場も家庭もコツは同じ? 共働き女性が実践する「良好な人間関係」の築き方【アンケート調査】
(画像=『Woman type』より引用)

家庭と職場の人間関係に対する満足度について聞いた結果、家庭・職場ともに人間関係に「満足」「やや満足」と回答した満足派が過半数を占めました。

女性の転職理由第3位に「人間関係をよくしたい」がランクインしていたものの、意外にも「不満足」「やや不満足」と回答した不満足派は1割強と少数。 

では、満足派の女性たちは、どのように人間関係の質を高めていったのでしょうか? パートナーに対して、職場の関係者に対して、意識して行っていることを聞きました。

Q.2 パートナーとの関係性の満足度を高めるためにやっていることは?

職場も家庭もコツは同じ? 共働き女性が実践する「良好な人間関係」の築き方【アンケート調査】
(画像=※Q.1でパートナーとの関係に「満足」「やや満足」と回答した人のみ ※複数選択可、『Woman type』より引用)

まずは家庭において、パートナーとの関係性を良いものにするためにどんなことを心掛けているか質問。

すると、8割以上の女性が相手との会話を大切にしていることが明らかになりました。

会話する時間、足りてないなら作るべし

・夫が帰ってくる時間には寝てるので、朝一で前日にあったことや子どもの様子、その日の予定などを話す(35歳/事務)

・スマホを触ったりテレビを眺めたり、ついつい会話が少なくなってしまいがちなので、家事を二人で一緒にやっています。今日あったことを報告し合ったり、面白い漫画や動画があったら見せ合ったりしています(27歳/管理栄養士)

・夫がどんなに忙しくても、仕事の休憩中にテレビ電話で子どもたちを交えて話したり、帰りが遅くても15分は直接話す時間を取っています。子どもたちがどんなことができるようになった、今日は○○して遊んだよなど、他愛のない話をしています(28歳/サービス業)

コミュニケーションもルーティンの一つ

・平日は夫の帰宅が遅くて会話できないので、LINEで細かく子どもたちの状況を伝えています。子どもの連絡帳の記入は夫の担当にして、会話が増えるように気を付けています(39/事務職)

・仕事から帰ってきた夫に、必ず「今日はどうだった?」と仕事の話を聞く。毎日聞いているうちに、夫から話してくるようになった(29際/販売サービス)

・毎晩子どもが寝た後に一緒に晩酌をして会話する(32歳/販売サービス)

教えて、あなたのこと。聞いて、私のこと

・なるべく相手の話を聞いたり質問したり、自分の話をしながらたくさん会話するように心掛ける(35歳/鍼灸師)

・今日あったことや感じたことを話したり、自分が好きなものの話を聞いてもらったりする。相手は自分からは話さない人なので、質問して聞くようにしている(32歳/事務)

話題の鮮度を大切に

・できるだけ一緒にごはんを食べるようにして、その日のことを報告しあう(30歳/受付)

・今日あったことはその日のうちに話してしまう(22歳/一般事務)

・できるだけその日にあった出来事などを会話に盛り込むようにして過ごしています(38歳/倉庫業務)

察し待ちはNGです

・考え方が違うと感じる時は、否定しすぎず根底の思想を聞くように努力している。自分の考えも相手にある程度分かってもらえるように話す(32歳/薬剤師)

・感謝やごめんねを伝えるように意識する(30歳/一般事務)

・何かしてほしい時や嫌だなと思ったことは、言葉は選ぶがちゃんと伝えるようにし、察してもらおうとしないように気を付ける。その分、してくれたり改善してくれたな、と思ったら都度お礼を言うようにする(32歳/事務)

「何でもないようなことが幸せ」な日々に

・休日が一緒になることは月に1~2度しかないため、遠出をして楽しむより、近所のコンビニまで散歩に行くような短い時間を一緒に過ごすようにしている(38歳/経理)

・相手が好きな番組を一緒に見て感想を言い合ったり、好きそうなスイーツを見つけたら話題にして今度食べに行こうと約束したり、一緒にいて楽しい、何かかあったら話したいと思える関係になれるよう心掛けています(32歳/販売職)

Q.3 職場の人間関係に対する満足度を高めるためにやっていることは?

職場も家庭もコツは同じ? 共働き女性が実践する「良好な人間関係」の築き方【アンケート調査】
(画像=※Q.1で職場の人間関係に「満足」「やや満足」と回答した人のみ ※複数選択可、『Woman type』より引用)

続いて、職場で良好な人間関係を築く心掛けを聞いたところ、過半数が「なるべく雑談をする」と回答。

パートナーに対しても、職場の関係者に対しても、「会話をする」ことが重要だと考えている女性が多いことが見て取れます。

具体的に、職場ではどのようなことを意識しているのでしょうか?

おしゃべりチャンスを逃さない

・私が期の途中での異動だったので、できるだけランチに一緒に行って、いろんな人の話を聞くようにした。自分の話も少しずつするようにしている(32歳/事務)

・お昼ごはんに一緒に行ったり、普段の会話の中で人となりを知る努力をし、打ち解ける話題を探すなど、距離を縮める努力をする(30歳/一般事務)

・朝や帰りのあいさつの時に、お互いの近況などの雑談をするようにしています(35歳/教育サービス業)

プライベートの話も、たまにはいいよね

・休日の過ごし方や好きな食べ物など、その時に思いついたことを昼食の時などに話して、リラックスして仕事できる雰囲気を作るようにしています(25歳/エンジニア)

・好きな食べ物や趣味などを聞く。自分と同じ部分があると話が弾むし、共感する話題があると親近感が湧いたり距離が近くなるので(27歳/管理栄養士)

・天気の話や気になるニュースの話、連休はどう過ごすのかなど、できるだけ仕事の話以外でも相手のことを知るようにしています(33歳/営業事務)

時には聞き手に回るが吉

・仕事の休憩中にはなるべく話を聞く側になっています。そのおかげで、いろいろな人の好みや趣味を知ることができています(28歳/サービス業)

・話を聞いてあげると相手の気分も良くなり、私のことも大切に扱ってくれるので(36歳/飲食業)

目指せ、顔が広い女

・雑談できる時は、なるべくいろいろな人とコミュニケーションをとるようにしている(39歳/団体職員)

・いろいろな人に満遍なく話しかけて、相手のいいところを褒めて気分良く過ごせるようにしています(32歳/販売)

相手の立場に立つって大事

・何気ない雑談から、少し話を広げるようにしてます。相手が心地よいと思う距離感を見極め、それを害さないよう心掛けます(38歳/総務事務)

・いつも明るく笑顔で話を聞いてくれる、困っている時には相談に乗ってくれるなど、自分だったらどのような同僚、後輩、先輩なら話しやすいかを考えて接するようにしています(30歳/接客業)

・仕事中、相手の長所を理解し、言語化して伝える(29歳/販売サービス)

在宅勤務でもコミュニケーションを諦めない!

・在宅勤務で直接話すことはないので、その分Web会議の前にアイスブレークをいれるようにしている(39歳/カスタマー)

・在宅勤務で顔を合わせることはないが、チャットにはできるだけ絵文字を使用してフランクな対応を心掛ける(32歳/一般事務)