マナー違反の人が増えたなんて声が聞かれることがあります。マナー違反の人に指摘や注意をする人の割合はどのくらいいるのでしょうか。また日本人のマナーは悪くなったのかについてもアンケート調査しました。

マナー違反をしている人の写真や動画がSNSで拡散されることが増えていますが、やめさせるために注意したり指摘したりする人はどのくらいいるのでしょうか。

また、公共の場でのマナー違反が問題となることがありますが、そのようなマナー違反の現場を見た時にどんな行動をとる人が多いのかアンケート調査しました。

アンケート調査対象

対象者:300人(男性91人・女性209人)
平均年齢:39.6歳(21〜73歳)

Q. マナー違反の人を普段見かけることはありますか?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
よく見かける :25.0%
たまに見かける:68.3%
見かけない  :6.7%

9割以上の人は、マナー違反の人を日常生活で見かけているようです。

Q. 以前と比べて日本人のマナーは悪くなったと思いますか?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
よくなった:12.3%
悪くなった:40.0%
変わらない:47.7%

日本人のマナーが低下した・悪くなったと感じている人は約4割で、5割弱の人は特に変わらないと感じていることが分かりました。

Q. マナー違反の大人を見たら指摘や注意をしますか?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
はい      :2.0%
相手を見て考える:20.0%
しない     :78.0%

約8割の人は、マナー違反をしている人がいても注意しないことが分かりました。回答者がその選択肢を選んだ具体的な理由は以下のようなものでした。

————————————————
◯52歳男性(「はい」を選択)
マナー違反の程度にもよりますが、周囲の人が明らかに困っているようで特にいい大人なら優しい感じで注意するようにしています。

◯33歳女性(「しない」を選択)
注意したら、怒ったりして、余計に相手は逆上してしまって、自分に危害を加えられてしまったりするのが怖いからです。

◯37歳男性(「しない」を選択)
公共の場(人目につく場所全般)でのマナー違反に対する意識を持ってないからそういう行動が出来る=言っても無駄と思います。

◯53歳女性(「相手を見て考える」を選択)
後々面倒な事になるのは気が引けます。あまりにも酷い時には指摘すると思いますが、その時の自分の時間的余裕などもあると思います。

◯23歳男性(「しない」を選択)
電車で学生がマナーの悪い大人を注意された際にボコボコにされた話があるように、面倒なことに巻き込まれたくないと考えるからです。
————————————————

「相手を見てするか考える」や「しない」を回答している人の多くは、自分や家族に危害が加えられないか、面倒なトラブルに巻き込まれないか、を考え、その選択肢を選んでいる人が多かったです。

昨今のニュースで、注意をした人が怪我をした事件などを見て、余計に注意するのは控えたいと考えている人が多かったです。