こめかみにニキビがある場合のスピリチュアルな意味やジンクスは?どんな意味や運勢を暗示しているのでしょうか。左のこめかみ、右のこめかみ、ニキビが治る時の運勢などについても解説します。

ニキビは思春期にできたり、大人になると食生活の乱れやホルモンの乱れなどでできます。顔にできると何かと気になり隠したくなるものです。しかしニキビには生物学的な原因の他に、スピリチュアルなメッセージが込められて現れることもあります。特にこめかみのニキビは出会いに関わりが深いとされます。

それでは、このこめかみニキビのスピリチュアル・ジンクスの意味について詳しく解説していきます。

こめかみニキビの意味とは?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

こめかみは目と耳の間の部分で、物を噛む際に動く場所です。ここにできるニキビは吉相として知られ、良い出会いが訪れるとされています。

今まで出会いのチャンスがあまりなくても、ニキビができている間は恋愛相手の出会いに恵まれます。理想としている相手にも巡り会いやすくなります。出会いを強く望んでいるとできることもあるようです。

こめかみのニキビは左右で意味が異なる面があります。右のこめかみにある場合、結婚する可能性が極めて高い相手と出会い、左のこめかみにあると外見に惹かれる相手と出会えるとされます。

また恋愛相手がいて、女性は左のこめかみ、男性は右のこめかみにニキビができた場合、相手が浮気をする可能性が高いとされます。基本的にこめかみのニキビは吉相ですが、長期間治らない赤いニキビだと凶相になります。

ニキビの色の違い

ニキビの色でわかることは、炎症していない白いニキビでは示される意味のポジティブな要素をより一層際立たせ、運気を高めます。積極的な行動が功を奏するはずです。

一方、赤く炎症している赤いニキビでは示される意味のネガティブな要素を強調してしまいます。運気が低迷しているので言動には慎重さが求められます。何かを新しく始めるにはニキビが治ってからの方が良さそうです。

ニキビの数の違い

ニキビの数は多いほど悪い意味合いが強くなり、3個以上から注意した方が良いかもしれません。こめかみのニキビは、出会いを引き寄せるのですが、数が多いと出会いもそれだけ多くなります。

この場合、恋愛相手が多く現れて一人に絞り切れず迷いが生じたりします。迷っているうちにニキビが治り、せっかくの出会いのチャンスを活かせないこともあるようです。