毎日出る家庭用の生ごみは嫌なにおいの元となります。そんな家庭用の生ごみを処理してくれる生ごみ処理機について、自治体からの助成が受けられるのをご存知ですか? その制度の内容やおすすめの生ごみ処理機をご紹介します。

生ごみ処理機とは?

生ごみ処理機を買うなら助成制度を活用しよう。具体的な助成例と賢い選び方
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

生ゴミ処理機というと、生ゴミを乾燥させてサラサラとした状態にするもの、というイメージがありますよね。でも、実はそれだけではありません。生ゴミの処理方法や設置場所など、使用者のニーズに合わせてさまざまなタイプの生ごみ処理機があるのです。まずは、それぞれの生ごみ処理機の特徴をみていきましょう。

バイオ式の生ごみ処理機

バイオ式の生ごみ処理機は、その名の通り「微生物」の力を借りて生ゴミを分解します。バイオ剤と生ゴミをかき混ぜながら分解するので、堆肥化が早いのが特徴です。バイオ式の生ごみ処理機の利用には電源が必要で、バイオ式は全て屋外設置用になります。

乾燥式の生ごみ処理機

乾燥式の生ごみ処理機は、温風を当てながら撹拌することで生ゴミを乾燥させ、カラカラの状態にします。土のような状態への堆肥化はせず、生ゴミのカサが減るというものになります。乾燥したものは可燃ごみとして出すことが出来ますよ。また、こちらも電源が必要です。

粉砕式の生ごみ処理機

粉砕式の生ごみ処理機は高速回転刃によって生ゴミを細かく粉砕するタイプです。キッチンのシンク下に生ごみ処理機を直接取り付け、粉砕したゴミはそのまま下水に流してしまいます。また、粉砕式の生ごみ処理機はディスポーザとも呼ばれており、海外では人気が高いアイテムです。利用にはやはり電源が必要です。

生ごみ処理機を置く場所は

生ごみ処理機を買うなら助成制度を活用しよう。具体的な助成例と賢い選び方
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

生ごみ処理機の購入の際に懸念されるのがその置き場所ですよね。意外と場所をとることや匂いの発生・動作音のことなどを考えると、どこに設置するのが良いのでしょうか。

一戸建てでの生ごみ処理機の設置場所

一戸建てであれば、基本的に上記3つの全ての生ごみ処理機が設置可能です。バイオ式の生ごみ処理機は屋外設置になるので、キッチンと近い勝手口や屋根のあるガレージなどが良いでしょう。乾燥式はコンパクトなものを選べばキッチンの片隅に設置するのも使い勝手が良くなります。粉砕式はもちろんシンク下に取り付けることになりますね。

マンションでの生ごみ処理機の設置場所

屋外設置が必要なタイプは、マンションの共有部分やベランダに置くことになります。共有部分に生ごみ処理機を設置できるかどうか、事前に大家さんや管理会社に確認する必要がありますね。 また、ベランダに設置する場合も匂いの発生や作動音などに配慮しなければなりません。粉砕式に関しても取り付けて良いか確認は必要です。

生ごみ処理機の使い方

生ごみ処理機を買うなら助成制度を活用しよう。具体的な助成例と賢い選び方
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

生ごみ処理機の使い方はそのタイプによって異なります。簡単にまとめると以下のようになります。

  • バイオ式:バイオ式は前述の通り屋外に設置します。生ゴミと、バイオチップと呼ばれる専用のバイオ剤を入れ、後は電源を入れて放置します。バイオ式では生ゴミが堆肥場になるので、必要があれば肥料として使えます。
  • 乾燥式:乾燥式の場合は屋内に設置できるので、料理の際に生ゴミは袋などにまとめておき、ある程度溜まってから処理機に入れて、カラカラになるまで乾燥させます。できるだけ生ゴミに水分がつかないようにしておくと効率が良いでしょう。
  • 粉砕式:粉砕式は生ゴミをそのままシンク下へ落とし、都度粉砕して水とともに流します。一度に処理できる量は少ないですが、料理の度に綺麗に生ゴミを流してしまえます。直接シンクの下へゴミを溜めるので、三角コーナーも不要になりますよ。

住宅の環境や希望する使い方によって、適したものを選択すると良いですね。