浴衣は身近だけど、普段お着物なんて着られない……と思いがちじゃないですか?

でもお着物って、そんなに身構えなくても大丈夫なんです。

「普段着のお着物」を知って、身近に感じてもらえたらと思います。

普段用の着物「小紋」

普段着のお着物
(画像=JOERAより引用)

今回ピックアップするのは小紋というお着物。

お着物にも色々な種類があって、振袖や留袖、十二単なんかも種類のひとつと言えます。

お着物に踏み出せない方が身構える理由は、お着物のイメージが成人式の振袖など、正装に寄っているからかと思います。

普段着のお着物
(画像=JOERAより引用)

小紋というのは普段着のお着物の名前です。

生地がしっかりした浴衣程度の認識でひとまずOK。

小紋は日常的に着られる着物で、色や柄を季節や好みで楽しみます。ちょっとしたマナーとしては、花の季節くらいでしょうか。桜柄は春の時期に、といった程度のものです。

帯についても細かいルールはなく、好きなものを好きに結んでしまって大丈夫。

一番気軽で、身近に楽しめるお着物が「小紋」です。