今回ご紹介するのは、ダイソーで見つけたあるスナック菓子。見た目はよくあるスナック菓子なのですが、原料に使われている“ある食材”が最大のポイント。「無印良品などでも発売され話題となった」といえばピンと来る方も多いかもしれません。1袋108円(税込)とお手頃価格なので、興味のある方はぜひお試しを…!

商品情報

時代先取りすぎでしょ…ダイソーで思わず3度見!ワンコインだから気軽に試せる?!噂のスナック
(画像=『michill』より引用)
時代先取りすぎでしょ…ダイソーで思わず3度見!ワンコインだから気軽に試せる?!噂のスナック
(画像=『michill』より引用)

商品名:コオロギせんべい
価格:¥108(税込)
内容量(約):36g
販売ショップ:ダイソー

地球を救う未来食?ダイソー『コオロギせんべい』

近年、無印良品などで話題になったあるお菓子。

やがて来るであろう、世界の食糧危機への対策として注目を集めている“アレ”が使われています。

先日ダイソーでも売られているのを発見したので、さっそく購入することに。

時代先取りすぎでしょ…ダイソーで思わず3度見!ワンコインだから気軽に試せる?!噂のスナック
(画像=『michill』より引用)

それがこちら、『コオロギせんべい』。

パッケージには大きく「コオロギ」の文字。食べ物のパッケージにはあまり見ない文字並びなので、少しどきどき…。

時代先取りすぎでしょ…ダイソーで思わず3度見!ワンコインだから気軽に試せる?!噂のスナック
(画像=『michill』より引用)

恐る恐る袋を開けて取り出してみると、見た目はえびせんのような普通のスナック菓子。コオロギ要素は感じられません。

時代先取りすぎでしょ…ダイソーで思わず3度見!ワンコインだから気軽に試せる?!噂のスナック
(画像=『michill』より引用)

ですが、原材料を確認してみると、しっかりコオロギと書かれていました。

そもそも、なぜコオロギが注目されているのかというと、将来的に人口が増加することによって食糧難となり、生きる上で重要な栄養素であるタンパク質の確保が難しくなると言われていて、家畜と同じく主要な栄養素を体内に多く含むコオロギが家畜の代替えとして考えられているんです。