仕事の人間関係や恋愛関係で、もっと相手と親しくなるための一歩として、自己開示はとても大切ですよね。頭ではわかってはいるけれど、意外と思うようにいかないことも…。そんな自己開示に苦手意識を持ってしまっている人へ、その心理や克服する方法を紹介しますね。

【はじめに】自己開示とは?

今や、就活・仕事または恋愛などで、
自己開示(=自己PR)をすることが必須な時代ですよね。

自己開示とは、「自分のことを他の人に話す・打ち明ける」という意味になります。
簡単なようで、意外とこれがしくじってしまう場合もよくあるのでは?

元々、私たち日本人というのは、やっぱり恥ずかしがり屋?な国民性…
もちろん臆せず自分のことをうまく表現できる人もいますが、
おそらく、本当に自信を持って自分のことを話せる人というのは、
まだまだ少ないのかもしれません。

自己開示が苦手な人の特徴・心理!自己開示できるようになる方法は?
(画像=『Lovely』より引用)

でも、自己開示というのは、日常のちょっとしたコミュニケーションから始まります。
実はそんなに頑な意味として捉えることでもないのです。

ここで、どうすれば自己開示ができるようになるのか、その心理や方法を紹介していきますね。
もし人と会話をするのが苦手だという人は、まずは簡単なことから始めてみましょう!

自己開示が苦手な人の特徴・心理!自己開示できるようになる方法は?
(画像=『Lovely』より引用)

自己開示する意味~返報性

自己開示することの意味として「返報性」というものがあります。

「返報性」とは、人から何かをしてくれた時に、
自分もその人へお返しをしようという心理をいいます。

この「返報性」があるからこそ、私たちは仕事や恋愛事などで、
コミュニケーションが円滑に行っている部分が大きいといえますね。

「返報性」の種類をあげると、

・好意を持つ返報性… 相手に好意(笑顔など)を持てば、好意が返ってくる
・敵意を向ける返報性… 相手に敵意(嫌な態度など)を向ければ、敵視される
・譲る返報性… 相手に何かを譲る気持ちで接すれば、向こうも譲ろうとしてくる
・自己開示の返報性… 相手に心を開けば、向こうも心を開いてくる

というものがあります。

自己開示が苦手な人の特徴・心理!自己開示できるようになる方法は?
(画像=『Lovely』より引用)

よくある「返報性」の例をあげると、友達に誕生日プレゼントした場合、
もらった方は、今度はその友達の誕生日の時に、プレゼントしようと考えたりしますよね。

これは「お返しをしなくちゃ悪いな」という心理から、
相手の好意を返そうというもので、これこそが「返報性」の意味なのです。

日本人のお返し文化の深い意味合いは、この「返報性」が根底にありそうですね。

自己開示が苦手な人の特徴・心理!自己開示できるようになる方法は?
(画像=『Lovely』より引用)

自己開示するメリット~仕事面

仕事をする上で、自己開示はコミュニケーションを取る意味でも、とても大切ですよね。
では、どんなメリットがあるかというと…

自己開示が苦手な人の特徴・心理!自己開示できるようになる方法は?
(画像=『Lovely』より引用)

仕事がスムーズに運ぶ

基本的な会話=コミュニケーションを取ることで、
仕事内容の意図がきちんと伝わり、お互いの意見を交わしやすくなります。

仕事を頼みやすくなるあるいは頼まれやすくなる

お互いの気心がある程度わかってくると、それが信頼にもつながり、
仕事もしやすくなりますね。
「この仕事はこの人に頼めば大丈夫」と指名が入るようになります。

必要な情報が入ってくる

誰かと話しているうちに、思いもかけず、必要な情報を聞くことができたりします。
意外と雑談から生じますね。

人間関係が円滑になる

あなたのことがわかってくると、人はもっと話しかけやすくなったり、
接したことのない人とも話す機会に恵まれたり、人間関係が豊かになります。

自己開示が苦手な人の特徴・心理!自己開示できるようになる方法は?
(画像=『Lovely』より引用)